topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回精神障害予防研究会学術集会@慶応大学医学部付属病院‏ - 2008.12.15 Mon

081214_1206~01


今年最後の勉強会は『第12回精神障害予防研究会学術集会』というものに行ってきました。

初めていく学会だったので、どういったものかよくわからなかったのですが、個人的に精神障害の予防というテーマに興味があったので行ってみました。

なるべく多職種の方の参加を…言ってましたが、お医者さんの発表が多かったような気がします。

学校での精神保健事業とか、学校でこころの病気をどう伝えていくかとか、引きこもり、不登校、ニート予防のような話もたくさん聞けるのかなと期待して言ったのですが、そのあたり話題もありましたが少なかったような気がします。
学校の指導要領に「精神保健」についての項目が無いので、必要性はわかっているがなかなか現実的に進めていくには弊害が多いというような話でした。



DUP、ARMS、PLEsなど普段の臨床ではあまり聞きなれない単語をたくさん聞いてすごく刺激でした。

DUPとは精神病発症から受診にいたるまでの時間を精神病未治療期間のこと

ARMS(at risk mental state)とは統合失調症を発症するリスクが高い精神状態のこと

PLEsとは 精神病様症状体験(Psychotic-Like Experience)のことを言うのだそうです。


ARMSという言葉は実は始めて聞いたような気がします。

しかもこのARMS状態の方へのデイケアというものがあり、そこに携わっているOTがいるっていうことで、OTさんのお話も聞くことができました。

まだ統合失調症も発症していない方に予防的にデイケアをやっているOTがいるなんて、早期介入もここまできているのか!すごいなあと非常に感化されました。

今はOTは医療や福祉の分野で働く方が多いですが、将来的には保健の分野、病気になる以前の方に関わる予防的な作業療法の分野で働くOTが増えたら面白いだろうな~と夢想しながら話を聞いていました。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/816-8e8bef28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BLOOD STAIN CHILD@吉祥寺クレッシェンド «  | BLOG TOP |  » 平成20年12月14日

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。