topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本人・家族のためのSST実践ガイド - 2008.12.05 Fri

081204_2308~01

SSTに関する本です。オムニバス形式で、SSTに関して色々な人が、いろいろな事を論じています。
内容は大きく4つに分かれていて、①生活支援とSST②就労支援とSST③医療現場でのSST④子供のスキルとなっています。様々な立場からいろんな人が書いているという感じです。

あまりに多くの人が色々と書いている感じなので、本としてはあまりまとまり無い感じですが、面白かったのは、SSTを受けた当事者の方の手記がいくつがあったことです。

ひとつの手記の中である方が、「話しすぎて困ってしまう」、「多弁なんだけど必要な事を主張できない。」なんて事で困っており、SSTは本来あまり話すのが苦手な人の用に作られているので、私の練習課題のためには自分専用の練習課題が必要だった。というような事を書いています。

おもしろいな~と思いました。私自身もSSTを始めて半年くらいになりますが、「話しすぎて困ってしまう」、「話しすぎてなんだか気づいた時には人から嫌われてしまって困っている」なんていう方に会う事が多々あります。
そういった方の場合、SST中、本人もかなり多弁にまくし立ててくるので、私も他の参加者も何が言いたいのかわからなかったり、こちらの意見を聞き入れていただく事が難しかったりして、うまく練習課題が見つけられず、あまり有意義な時間にならなかったかな~と失敗感を感じてセッションを終わる事があります。

ただ、そのようなセッションを思い返してみると、どの方もセッションどこかで、「私は喋りすぎて困ってしまう。」「喋りすぎて嫌われてしまう。」などの思いを話している事があったなあ~と思います。

この当事者の手記を読んで、強く感じたのは、「躁状態の人だって、自分自身困っているのだ。」という事です。
その事に自分自身気づいていなかったわけでもないし、患者さんからそのような声を聞いた事が無いわけでもないのですが、治療者として見逃していたかな~うまく汲み取れていなかったな~と感じました。

そんな事を考えさせられた手記でした。SSTをやり始めてだいたい9ヶ月くらいになりますが、難しいな~と感じる事も多いですが、やればやるほど面白いなと感じるところもあります。
このような本をチョコチョコ読んでモチベーションをあげていきたいなっと思います。

本人・家族のためのSST実践ガイド本人・家族のためのSST実践ガイド
(2008/08)
前田 ケイ安西 信雄

商品詳細を見る

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/803-3d713757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平成20年12月5日 «  | BLOG TOP |  » 平成20年12月4日

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。