topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回福祉レクリエーション実技セミナー① - 2008.11.16 Sun

昨日は第2回福祉レクリエーション実技セミナーに行ってきました。

OTは仕事上レクリエーションを使う事が多いです。
私も職場ではよくレクリエーションを使っていますが、今までレクに関してきちんと勉強したことがなく、勉強してみたいなあと思っていたので参加しました。

講師は午前中は東正樹先生、午後は高橋紀子先生と千葉麻子でした。

午前中の東先生はレクにおける『アイスブレーキングの技法について』という事で教えてくれました。
レクを始める際、はじめの緊張感のある状態をどのようにほぐして一定の楽しい雰囲気作りをしていくかという事について実演を交えて説明してくれました。

レクをあちこちで教えている人というだけあって非常に面白かったです。さすがだなと思いました。たえず笑いが絶えない感じでした。

レク素材の豊富さにも感心しましたが、やはりなんといっても話の持っていき方がうまいな~と思いました。単純なゲームでも言葉かけひとつで盛り上がったりするものですが、そのあたりにひとつの技術があるなあと感心いたしました。

午後の部は高橋紀子先生千葉麻子先生で、『音楽を使ったレク活動について』などした。
高橋先生は、‘セラピューティックレクリエーション’という事を強調していて、レクでも治療的である事、裏付けのある事を意識してやろうと話していました。
高橋先生も話がすごく面白くて、わかりやすくて非常に感心しました。

個人的な考えですが、私はレクリエーションには心理教育が必要だと考えています。
心理教育というと大げさな感じがしますが、レクリエーションを行う際、そのレクで目的や効果として狙っている事を対象者にわかりやすく伝える事が非常に大切だと思っています。
幼稚やつまらない事だと思わせてしまい対象者の尊厳を損なってしまう危険性のあるレク活動ですが、わかりやすく効果を伝える事は対象者のモチベーションに繋がるのではないかと考えています。
そんな意味でも高橋先生の話はわかりやすくて、『なるほど!』と納得できる事が多かったです。

それにしても福祉系の勉強会は暖かみがあるなあと思いました。そして料金が安い。助かる。しばらく心理系の勉強会ばかり出ていたので、どこがどう違うとは説明しづらいですが、ずいぶん雰囲気が違うなあと感じました。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/783-8536b964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第2回福祉レクリエーション実技セミナー② «  | BLOG TOP |  » 平成20年11月14日

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。