topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SST中級研修@北里大学東病院 - 2008.10.04 Sat

20081004180655
今日はSST中級研修に行ってきました。
いや~勉強になりました。やっぱりSST普及講師の先生は凄いな~と感心しました。
今日は患者さん役をたくさんやらせてもらいましたが、患者さんの立場になって先生のSSTを受けてみると違うな~と思いました。
次回のSSTで行うのにいっぱいヒントがありました。

勉強になった点が何点か、、、

①SSTは以前は「生活技能訓練」と訳す事が多かったが、今は「社会生活技能訓練」と訳す事が多い。
社会生活という事を少し意識して「生活の中で困った事ってありますか?」とメンバーに問いかけるより「人と人のコミュニケーションややり取りの中で困った事ってありますか?」と聞いて課題を出した方が、グループの目的ややりたい事が明確になりそうだと思いました。

②体を使う事は重要。リーダーはグループ中、必要に応じて、メンバーの近くの寄り添ったり、メンバーを誘導したり、板書をしたり、よく動く事も大切だなっと思いました。あとウオーミングアップも大切そうです。ウォーミングアップも行う際もただおこなうのではなくて、何のために行うのかっていう動機付けをきちんと行ってから実行した方が、メンバーのノリが違うという事がよくわかり間s地唖。

③事前面接や事前アセスメントはやはり重要。SSTの場面以外でのメンバーさんの様子や、入院してきた経緯などはやはり知っておくに越した事はないですね。よく知っておいた方が、そのメンバーにとって役にたつ課題が出せそうです。

かなりいろいろ勉強なる事が多かったです。
やはり我流で行っていては駄目ですね。ちょこちょこ研修会にいって見識を深めないといけないな~とつくづく思いました。

写真は家の近くで食べたデラックスラーメンです。
デラックス過ぎてびっくりしたので写真載せてみました。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/741-f7012d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

社会人から大学教授になる方法  鷲田 小彌太 «  | BLOG TOP |  » 平成20年10月3日

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。