topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門バカにつける薬 三好春樹 著 - 2008.02.17 Sun

08021701.jpg


三好春樹の本です。三好春樹の本は私が、臨床一年目の頃沢山読み漁りました。
学校卒業してホヤホヤの私の頭には、三好春樹の考え方はかなり新鮮に感じ、
私の頭の中でかなりのパラダイムシフトが起こったような覚えがあります。
久しぶりに読み返して見ました。
訓練よりも生活を大切にする事、理論よりも個々の老人の主体性を大切にする事。
当たり前のような事だけど、あらためて読み返してみて、うんうんと納得しながら読みました。

そんな中、『痴呆老人』と『そうじゃない老人』とを隔離してケアする事を批判している箇所があり、面白いと思いながら読みました。(三好春樹は好んで認知症ではなく、痴呆という言葉を使います。)

厚生省は、老人保健施設を作り、痴呆専門の特養建設を進め、デイケアセンターは対象とする老人の障害が重たいか軽いかでA型、B型、C型などと分けているが、このような疾患や障害の重症度で人を分けてケアする事を批判しています。
それは、こんな事をしていたら、痴呆や障害が進むほど、老人は、施設を変えていかなくてはならないハメになり、ただでさえ環境の変化に弱い老人はますます呆けてしまうからということです。
また健常な老人には、『呆けたらここにはいられない』と言ったような不安感を募らせる事にもつながるのではないかといったような事を言っています。
『どれだけ痴呆が進んでも、どれだけ寝たきりになっても、最後まで面倒を見ますよ』と言うような事をちゃんと言い切れる事、そういう事こそ、当たり前の事なのだという主張です。

このあたりの視点は久しぶりに読んでみて面白いなと感じました。
私のように病院で働いていると、疾患別、病期別、重症度別というような分け方をしてケアする事が大切なのだと考えてしまいがちだけど、このあたりの考え方はまさに『人間関係』の力を重視する三好春樹らしい所だなと関心しながら読みました。

専門バカにつける薬専門バカにつける薬
(1992/12)
三好 春樹

商品詳細を見る

● COMMENT ●

グループ分けで、それぞれに必要な対応ができるんだろうけど
重症度高いグループへの流れがすすんじゃうのは 
よくないですね
症状が軽くできる体制を考えたいですねー

ミルシノンさん>コメントありがとうございます!!
グループ分けするのもいいところはたくさんあるんでしょうけどね。。。
ただせっかくできた人間関係を壊すのは良くないって事なんでししょうね。
現実的には難しい問題をはらんでいると思いますが、人と人とのつながりこそが本当に大切なのだという事なんだと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/501-2942d082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新しい痴呆ケア 三好春樹+上野文規 著 «  | BLOG TOP |  » 平成20年2月16日

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。