topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイリアム・R.ミラー, ステファン・ロルニック 著: 動機づけ面接法 (基礎・実践編) - 2007.10.28 Sun

20071028103107.jpg


なんだか、最近一部で話題となっている「動機づけ面接法(Motivational Interviewing)」の本です。
せっかく読んだので、感想を書いておきます。

Motivational Interviewingとは、もともとアルコールの問題や薬物障害の治療のために開発された治療介入法で、他の精神疾患や生活習慣病を患っている人が治療を受け入れるよう納得してもらうためにも効果がある事が、わかってきた面接法の1つのようです。

Motivational Interviewingでは、人の両価性というものに、焦点をあてているみたいです。
クラアントは、「変わりたい、でも変わりたくない」そのような、アンビバレントな気持ちの中でゆれている。
この2つの気持ちはシーソーのようなもので、治療者が変えよう変えようとすればするほど、逆にクライアントの「変わりたくない」という気持ちは強まってしまう。
治療者が、変えようとするのではなく、クライアント自身に、「変わりたい、でも変わりたくない」という、自分の気持ちの矛盾に気づかせるようなアプローチを行う。
そして、治療者がその矛盾を拡大するような働きかけをし、クライアント自身に、変化する事への語りを引き出していくっといったような感じでしょうか。。。

なんだか、さらっと読んだだけでは、私の頭ではすらっとわかるような所が少なく、もう少し読み込んだり、ワークショップに出たりしてみないと、
実際に実践してみるというのは、わからない所も多く、自信がないです。

この本を読んで一番「おっ」と思わされた所は、最終章の方に「倫理的考察」という章があったという事です。

ずっと人の気持ちを変化させるにはどうしたらいいかという事をつらつらと書いていますが、
個人の願望を気づかないうちに変えるという事は、そもそも倫理的に違和感を覚えるべきところであるということです。
ですので、気持ちを変化させる時には、クライアントにとって最善であるようにするという事を一番最重要に考えなくてはならなくて、
セラピスト個人利害関係などは絶対にはさんではいけいないといような事が書いてありました。

このあたり事を最後に考察しているあたりが、「人の気持ちを変える事」「人に動機付けすること」というような事を、ほんとにしっかりと考えて、この本を書かれたのだなと思われた点でした。

とり合えずまだ、少しわかりにくので、もう少し事例の多く載った「応用編」の発売を待ちたいと思います。

動機づけ面接法 (基礎・実践編)動機づけ面接法 (基礎・実践編)
(2007/06)
松島 義博、後藤 恵 他

商品詳細を見る

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/394-487bb85b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平成19年10月29日 «  | BLOG TOP |  » 平成19年10月27日

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。