topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族にしか出来ない事と家族じゃないからこそできる事 - 2012.06.12 Tue


認知症だと頭ではわかっていても、
どうしても家族だと、強くあたっちゃう。

精神科の病院で働いていると、患者さんとご家族のそういう場面によく出会います。


歳をとってくれば、色んな事ができなくなってきたり、色んな事を忘れちゃったりする事はしょうがないことなんだけど、
実の親とか、自分の妻や夫がそういう状態になると、なかなか受け入れられず、責めたくなっちゃうものなのだなと思います。


自分の親っていうのは、ある意味自分の将来を暗示しているような存在です。

その親がだんだんとできなくなってくる様子を見ると自分もいつかこうなるんじゃないか?
こうはなりたくない!って気持ちが働いて、ニュートラルに対応する事が難しくなるのでしょう。



昔は厳しかったのに今はこんなにだらしなくなってしまって・・というのも家族の方によく起こり得る感情のようです。


親が子供に「しっかりしなさい」と厳しくしつけていた場合、
親が認知症が進み、いろいろな事ができなくなると、子供が親に「しっかりしてよ!」と厳しく叱責するというような事もあるように思います。


子供の頃に厳しくされた復讐を、
親が年老いてきてからしているんじゃないかと思う程、親に対して厳しく叱責する方もいらっしゃいます。





患者さんにとっては他人の我々医療・介護従事者と家族との
一番の違いは「ニュートラル(中立的)に接する事ができるかどうか」なのではないかとよく思います。




ニュートラルに接するというだけで、患者さんにとっては、家族との関わりとはまったく違う意味があるのだろうなと思うのです。


そんな専門職だからこそできる人との関わりってなんだろうって模索している今日この頃です。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/2031-58726bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人に何かを伝える時のコツ «  | BLOG TOP |  » テレビの無い生活

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。