topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NLPと自己組織化 - 2012.05.07 Mon


昨日NLPの勉強会に行って来ました。


自己組織化っていうテーマでした。

自己組織化っていうのは、バラバラだったものが、自分自身で自然と秩序だったパターンのある構造に変わっていく事のようです。



そういった事をNLPの中に導入したワークでした。

ワークを3つやりました。

一つは、対立点を探すというワークでした。

今問題としている事。アイディアを必要としている事に対して、
「すべてのアドバイスを受け入れてみたらどうか」
「すべてのアドバイスを無視してまったくの自己流でやってみたらどうか」
「今まで自分がやっていなかった事をしてみてはどうか」
「あえてマイナスな事をしてみてはどうか」
「今までやっていた事と逆の事をしてみたらどうか?」

などいろいろな選択肢の中から、自分にとって対立点になりそうなものを一つ選びます。

さらにその後、問題のステート(問題に陥っている時の五感の状態)と対立点のステートとを、行ったり来たり、自分でウロウロして、自然といい状態になる所までやるっていうワークでした。


そういった事をしていると、勝手に自分の中で、理解されてきて、ああこういう事なのか!と納得する瞬間がやってきました。
これが自分組織化っていう事なのかと体験できた感じです。







次にリソースフォンデュっていうワークをしました。

チーズフォンデュって、パンに串をさして溶かしたチーズを絡み付かせて食べますが、
そんな感じで、自分のリソースを何重にも、自分の絡み付かせるようなワークでした。






最後にしたワークは、自分が幼い頃などに(多くは親や目上の人から言われて)鵜呑みにしてしまったビリーフを、新たに選び直す、または新しいビリーフに書き換えるワークをしました。


鵜呑みにしてしまったビリーフというは、
人は、知らず知らずのうちに、誰かから言われた事を、自分で判断しないままそうだと信じこんでいるという事があります。


そういったビリーフを選び直したり、書き換えたりするワークでした。

ネガティブなビリーフの書き換えっていうのは、今まで何度かワークで、やった事がありましたが、
昨日は私はビリーフの選び直しという作業を初めて行い、これは非常にパワフルで新鮮な感覚でした。




こんな感じでした。

なかなかわかりづらい勉強会の報告だと思いますが、
NLPってこんなに使えるんだっていう枠の広がる勉強会でした。非常に良かったです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/2012-8c6fc0a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

セラピストとしてのビリーフについて «  | BLOG TOP |  » 明るい将来の事を考えるのは楽しい

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。