topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何気ない毎日を大切にして、ちょっとした変化を見逃さない。 - 2012.04.24 Tue

「セラピーというのは、常に前進させていかなくてはならないものだ。」

このような思い込みがあると、

私のように精神科や認知症、高齢者を対象としてセラピーをやっている人間は、

途端に自分のやっている事がとるに足らないもののような。

そういう不全感を感じてしまう事がある。




もちろん、セラピーというのは前に進んだ方が良いし、向上した方が良いものである。



だがしかし、目覚ましい変化というのを期待しすぎると、
毎日の日常というのをただ支えているという自分の仕事を
とるに足らないものだと、軽くみてしまう事になりかねない。



自分の仕事を大した事ない仕事だと、軽視してしまう事は、セラピストにとっては謙遜のつもりかもしれないが、
そのセラピーを受けている患者さんor利用者さんの生活を軽く見ているという事なのではないかと思う。




だからこそ私は、自分はいい仕事をしていると胸を張って言えるそんな人間になりたいと思う。




淡々とただ毎日を、平穏無事に過ごしているようでも、そこには成長や変化があるのだと、堂々と言えるようなセラピストになりたいと私はいつも思う。



人は、どんな人でも必ず成長している。

例え、小さな変化であるとしても、昨日と今日は違うし、今日と明日は絶対に違うのだ。




そんな小さな良い変化を見つけて、その変化をどんどん大きくしていく方法として、私はブリーフセラピーやNLPを学んだ。


私はこういった考え方をもっと、今の自分の現実に活かしていきたいなって思う。


毎日の日常の中に、違いを作る違いを見つけていく。

そういう事を続けていきたい。


最近そんな事を思う今日この頃です。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/2003-188d68b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

学生さんをみながら自分も成長できるっていう事 «  | BLOG TOP |  » 「リハビリ職種向けのコミュニケーションセミナー」を行いました!

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。