topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が誉めて育てると決心した日について - 2012.04.17 Tue

今回も療法士.comさんのブログテーマに答えようと思います。

今回は「私の療法士人生を変えた出来事とは?」っていうものです。



私にとっては、ある日を境に、きっぱりと自分の考え方をネガティブからポジティブ180度切り替えようと決めた日という日があります。


以前、私の職場には、ネガティブな同僚がいまして、何をするにいつも批判を言っている人がいました。


批判というのは、一見最もらしい意見に聞こえたりします。

その人の批判を聞いていると、その時は何となく、いい事を教えていただいたような気持ちになるのですが、
そんな批判ばかりを聞いていたら物事が一歩も前に進まなくなるなという事に気づきました。


さらに、ある時、こうやって批判を言う人も、言いながらも、自分自身がつらい思いをしているのだという事にも気づきました。




その事に気づいて、、私はある時を境に、自分は何かを批判したりするのを辞めようと、決心しました。

そして私は「誉めて育てる」をモットーにやっていく事を心に決めて、その事を友達に宣言したのです。





「物事を誉めて育てる」


誉めて育てながらも、それが“なあなあ”の関係にするのではなく、リスクも防ぐ、より良いものを作っていくにはどうしたら良いのだろう?

私は、そのような事をずっと考えてきました。


批判というのはネガティブな所もありますが、ある種の厳しさのある事で人がもっと成長しようとしたり、リスクを未然に防いだりするという効果があります。


私は批判をするという事をしなくても、「誉めて育てる」というやり方でも、人が成長できてリスクも防げるやり方はないだろうかと模索していました。


そんな中で私はソリューションフォーカスアプローチやNLPの考え方に出会いました。


これらの考え方に出会った事で、人を誉めつつも、物事を適切に前に進めさせるやり方がわかってきたように思います。




私が大切にしているのは、本当に楽しい職場を作る事です。


楽しい職場というのは、人を癒す力があるのではないかと思っているからです。


楽しい職場を作る事で、人も自分も癒されるそんな職場を作りたいなと私は思っています。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1997-7ae11af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大学院受験とそして不合格。それから私の療法としての方向性は変わりました。 «  | BLOG TOP |  » 嫌な感情を引きずってしまう時の対処法

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。