topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからのリハビリにはモチベーションを引き出す事が絶対重要です - 2012.03.31 Sat

みなさんこんにちは。

4月22日に行うリハビリ職種向けコミュニケーションセミナー開催まで、あと3週間ほどとなりました.

大変反響が大きく、たくさんの方にご参加いただいております。

まだお席がありますので、参加されたい方はどしどしお申し込みください。



リハビリの業界において、なぜモチベーションが大切なのか?


リハビリ業界においてモチベーションという言葉は昔に比べて最近特に言われるようになったのではないかと思います。





近年PTOTSTなどリハビリ職者は急激に人数が増えています。

昔はリハビリ職者は非常に人数も少なく「金の卵」と言われて、どんな施設からも引く手あまたで「ぜひうちに来てくださいっ」とたくさんの声がかかっていたそうです。

昔はある意味リハビリ自体が珍しく貴重なものだったのです。


そのような状況ですと、患者さんとしては「ぜひリハビリしてください。」「なんでもよいので良くしてください。」といった形で、リハビリに対してモチベーションを上げやすい状況でした。

リハ職はリハビリの先生として崇められ、先生のいう事なら何でも聞く。そういう状況になりやすかったと言えるでしょう。




しかし、この昨今リハビリバブルとでも言えるような現在の状況です。

リハビリは大して珍しいものではなくなってしまいました。

リハビリ職者も世の中に何人もあぶれているような状態です。

患者さんはとあるセラピストからリハビリを受けていても、いまいちだなと思えば他のセラピストに変更する事もできる。そういう事もできるのです。




ここで大切なのがモチベーションです。

患者さんのモチベーションをいかに引き出すか?

モチベーションを引き出された患者さんは、そのセラピストのリハビリに協力的になります。

さらにモチベーションの上がっている状態であるとリハビリの効果そのものも上がってくることでしょう。


患者さんにリハビリを押し付けいくようなやり方ではなく、患者さんから引き出されたやる気の上にリハビリをしていく。

そんなアプローチができるようになるのです。


4月22日のセミナーではそんなリハビリ職種のためのモチベーションを引き出すコミュニケーション術をいろいろとお伝えしたいと思います。

まだ席がございますのでぜひぜひご参加下さい。

詳しくはこちらからです!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1988-21597f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年もよろしくお願いいたします «  | BLOG TOP |  » 治療家としての不全感を患者さんに投影してはいけない

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。