topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体から入る精神科医療 - 2012.03.28 Wed


精神科の作業療法士を始めて6年ほどたちますが、心というのは、扱っていくのに本当にあやふやなものだと思います。


身体に麻痺があったり、身体に痛みがあったりしたら、それはそれ自体を問題としてセラピストと患者さんで共有して扱っていく事は比較的簡単な事です。

しかし、心の問題というのは、気持ちがうつっぽい、不安があるなどという問題をセラピストと患者さんで共有して扱っていくというのは、身体の問題と比べて難しいように思います。



身体は血が出ていれば見れば分かります。
しかし心は傷ついて血が流れていても、見た目では解りづらいものなのです。




うつや不安、焦りや、興奮といった心のあらゆる問題に効くとして精神科作業療法は行われてきました。


しかし、その効き方は身体に対するセラピーのように分かりやすいものではありません。

効果がわかりやすいか、わかりにくいかという事は、患者さんにとっても大事な事ですが、
実はセラピストにとってもすごく大事な事です。



セラピストという仕事をする以上、
「人の役に立ちたい。」
「人に助かった。役に立ったと言われて喜んでもらいたい。」
そのような思いは誰でも持っているものです。


効果が分かりやすいセラピーというのは、患者さんが
「やってもらって良かった」とはっきり言えるだけでなく、
セラピスト自身も
「自分のやった事がこれで良かったのだ。」と自分自身を認められる良い判断材料になるという事なのです。



そんな意味では精神科のセラピストは、他領域のセラピストと比べて、
「自分はセラピストとして役に立っていないんじゃないか?」という思いを持っている人は多いのかもしれません。







精神科で働いていると、うつ病で一日中寝込んでいる患者さんのベッドサイドに行って、毎日ちょっとだけ声をかける という関わりをする事があります。


このような患者さんの場合、うつで気が滅入って寝込んでいますので、起きてきて何かをするという事は難しいわけです。



毎日ちょっとずつ声をかけていき、少しずつ信頼関係を作りながら、どこかにベッドから起き出すきっかけはないものか?と探しながら、毎日少しずつ少しずつ声かけていく。そういう関わりをしていく事があります。



さて、この場合。

毎日少しずつ声かけをしていくという行為は「セラピー」という範疇に入るのか?入らないのか?

そういう事を考えて悩んでしまう事があるわけです。


ただ声をかけているだけなのだから、そんなものはセラピーではない。セラピーというのはもっと枠組みがしっかりしていて、効果もはっきりしているものをいうのだ。
という考え方もあります。


しかし、その考え方というのは、
逆に、「うつ病で寝込んでいる人に対して、セラピストは何も出来ない。」という事を証明してしまう事になってしまいます。

それでは、何も(セラピーと言えるような事は)出来ないのであれば何もしない。
といってそういう患者さんには全く関わりを持たないという事にもなってしまうかもしれません。







うつ病の患者さんに、毎日ちょっとだけ声をかけるというこの関わりは、言ってみれば、何とかその方の心にアプローチしているという事なのかもしれません。


しかし、この例のように心を扱うという作業は、あやふやなものなのです。

心を扱えているのかどうかもあやふやだし、
その事に効果があるのかどうかもあやふや、
その事をセラピーと言って良いのかどうかもあやふや。
そんなあやふやなものだなと思うのです。



そんな時、身体を扱うというのは、非常にはっきりした関わりが出来たりするものです。

「ここが痛い」というので、「どれどれ」といって触ってみたりしながらコミュニケーションを取ったりする事は、セラピスト側にとってもある種の安心感の持てる関わりが出来ます。



精神科の患者さんは、ちょくちょく色んな所に痛みを訴えたり、下痢と便秘を繰り返していたり、夜眠れなかったり、熱が出たり、身体的な症状が出る方が多くいます。



そのような身体的な症状は、病気の影響、薬の影響はもちろんあるのですが、
「心を扱う」という際に、その身体的症状が一つの良いコミュニケーションの道具になっているなとも思うのです。



例えば、精神科の看護師さんが、患者さんと「気分の落ち込み」について毎日話をするという事は、あまりありませんが、「便秘なのか下痢なのか?便はちゃんと出ているのか?」という身体の事について毎日患者さんと看護師さんが話しをするという事はよくあることなのです。



そういう意味でも身体というのは、一つのコミュニケーションの媒介になるんだなと思うのです。


最近自分の職場では「身体から入る精神科医療」というのを、一つのテーマにしています。

身体から入る事で、セラピストも患者さんもお互いが安心できる治療関係を作っていきたいなと思う今日この頃です。





● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1986-0ddc76d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

治療家としての不全感を患者さんに投影してはいけない «  | BLOG TOP |  » 起業を考えた事があるか?

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。