topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家試験に受かる力のある新人さんに期待しています - 2012.02.26 Sun

今日は理学療法士・作業療法士の国家試験でしたね。


受験生の皆様お疲れさまでした。


最近は、PTOTの国家試験はどんどん難しくなっている方向性なんだそうですね。



昔は、国家試験受かって当たり前みたいな風潮もありましたが、
最近は、問題もどんどん難しくなり、合格率もどんどん下がっているとの事です。


そういうのを悪くいう人たちもいますが、私はいつもこんな難しい国家試験に受かって今の新人は凄いなあと感心してしまいます。


そう考えてみると、今回の国家試験に受かる新人さんたちは、
自分がOTになった頃の新人と比べて、遥かに知識量が多いんではないだろうかと思います。

そういう意味で、私は新人さんにかなり期待しております。




世の中は、だいたい、「最近の若者は・・・」というように、自分より下の世代の人間を批判する人が多いですが、
私はそうは思いません。


私は、昔の自分と比べて、いつも新人さんや学生さんがすごく良くできるので、いつも若者は凄いなあと感心してしまいます。





特に作業療法に関する新しい知識に関しては、今の学生さんはすごくたくさん知っているので、ものすごくびっくりします。


私の頃は「ICF」さえロクに習う事はなかったですが、今の学生さんは「ICF」を標準装備して実習にくるのでまずそこがびっくりですし、


COPM、ボトムアップアプローチ、トップダウンアプローチ、AMPS、OSAⅡ、リカバリー、ストレングスモデル、ADOC

こういった事に関して、「言葉だけは知っている」さらには「概念や方法論も説明できる」そんな学生さんがいるので、私はかなりびっくりします。


上記の概念や方法はすべて私が、臨床に出てから様々な講習会に行ってようやく学んだ事なのに、
学生のうちからこういった事を知っている学生さんがいるのは本当に驚きです。



こういった学生さんの知っている事を聞いても、
自分がOT教育を受けた頃に比べて、少しずつですが、確実に

「クライアント中心」
「作業中心」
「問題点だけでなく利点もみる」
「病院から地域へ」
こういった考え方というのが、本当に学生教育のうちから定着して来ているのだなという事を感じます。


まあそんなわけで、来年度も新たなOTが世の中に出てくる事を非常に期待している今日この頃です。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1963-8a3000db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もし療法士ではなかったとしたら・・・ «  | BLOG TOP |  » リハビリ職者のためのスカイプコミュニケーションセミナー

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。