topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情は自分で選択できる!(IRAメルマガ15) - 2012.02.19 Sun

コミュニケーションの講師をしていると、

たびたび「私は今の上司とウマがあわないんですが?どうしたらいいでしょう?」とか


「自分のやりたいことと、職場の方針が違うのですが、どうしたらいいでしょう?」


という質問をいただく事があります。





確かにありますよね。


療法士の方にとって、

患者さんとのコミュニケーションよりも、

同僚や上司とのコミュニケーションに悩む方は多いのではないでしょうか?





こういう時大切な事は、

すべて「自分で選択している事なのだ」

と認識する事が大切だと私はお伝えしています。






今の職場を選んだのも自分の選択ですし、


今の仕事を選んだのも自分の選択です。


そしてその苦手な上司や同僚とのコミュニケーションにおいて、

「イラッとしたり」、「悩んだり」

その感情を選択しているのも実は自分の選択なのです。



感情というのは、

自然と自分の中から湧いてくるものだと思っている方も多いと思いますが、


実は感情は自分でコントロールして選択する事もできるものです。


嫌な対人関係において、

「イライラする」「ムカつく」など

怒りの感情を選択する事もできますが、



「この人ともっとうまくやってみよう」

「この人にもっと伝わるように話してみよう」

などというように、

意欲を燃やすという感情を選択する事もできるのです。




自分で自分の感情をコントロールし

選択できるようになると対人関係は劇的に変化します。



そのためには、

まず今の自分の行動、環境、感情は自分で選択したものなのだと気づく事が大切です。



そのための感情のコントロールの仕方や、

コミュニケーションの方法をこのメルマガや、

私のセミナーでは随時お知らせしていますので、関心のある方ぜひチェックしてみてください。


ここまで読んでいただきありがとうございました。



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1958-5791e1e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目に見えにくい病気や障害を持つ感覚 «  | BLOG TOP |  » 痛みと言葉の関係(鎖骨骨折で感じたこと)

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。