topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療者の自己開示について - 2011.12.14 Wed

精神科で働いていると、治療者の自己開示が大切だという話がよくにでます。



自己開示。つまり自分の事を私はこういう人間だと開示する事。



その事で人は、自分に対して安心感を持ってくれたり、ああなるほどって納得してくれたり、そういう事があったりします。



自己開示する事で、治療者と患者という、ある一定の距離感のある治療関係から、
当事者と当事者というより対等に近い支援関係が作れるのではないかという事です。

(どこまでいっても完全に対等には成りきれないと思いますが・・・)



例えば、「一人暮らしが不安なんです」と語る患者さんに
「いや~私も一人暮らし始めた時は大変でしたよ。」と自分の体験談を交えつつ一緒に考えるという関係作りです。

こういう事で、二人の関係の中に安心感を生み出す事が出来ます。

これが自己開示の効果です。


それがないと、「何が不安なんですか?
じゃあこうすればいいんじゃないですか?」とアドバイスする一方になって、
治療者と患者。もしくはアドバイスする人とされる人というような一種のヒエラルキーが出来上がります。
そしてそこには緊張状態ができる危険性があります。


ただこの治療者の自己開示というのも、少し練習が必要です。


患者さんにどこまで自分の事を語るのか?

その辺は少しずつ自分で試しながらやってみるしかありません。


自分のブログ更新もある意味一つの自己開示です。


私もブログで自分の事を語り、自己開示の練習をしているのです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1903-ef603771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

色んな作業療法士がいて、良いと思うという事。 «  | BLOG TOP |  » 目標に日付を決める事の効果

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。