topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NLP勉強会サブモダリティ - 2011.12.11 Sun


今日もNLPの勉強会に行ってきました。


今日のテーマはサブモダリティについてのワークでした。


サブモダリティっていうのは、人が何か体験を頭の中で思い浮かべる時。

視覚、聴覚、体感覚を使って思い浮かべる訳ですが、

そのそれぞれの代表システムについての従属要素の事を言います。


なんのこっちゃらわからない説明ですいません。



例えば視覚だったら、明るさ、大きさ、位置や鮮明度そういったものです。



自分にとって楽しい体験を思い浮かべる時は明るくて、画像も大きくて、近くで見えるかもしれませんが、
反対に自分にとって嫌な体験を思い浮かべる時は、暗くて、画像も小さくて、遠くで見えるるかもしれない。

(その逆の場合もあります。)


そういった要素の事をサブモダリティと言います。




そしてNLPの面白い所は、その自分にとって嫌な体験のサブモダリティを変える事で、
その体験の意味づけを変える事ができるという事です。




例えば嫌な体験を思い出している時、
その映像を遠くに移して、映像を暗くして、画像をカラーから白黒にして、なんて風にやっているとだんだん、その体験に対する嫌な感覚がなくなってくるという事です。





今日やったワークの特に面白かったワークは、「閾値を越える」というワークです。


自分が嫌だなって思っている体験のサブモダリティをもっともっと嫌な感覚が強くなるようにサブモダリティを変化させていくと、ある一定の閾値を越えると突然ふっとブレイクスルーが起きて、急に楽になったり、ビリーフチェンジが起きたりする。

そういうワークでした。


非常に面白かったです。NLPのますます奥深さがわかりました☆

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1900-2ded08fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久しぶりの自力整体 «  | BLOG TOP |  » リハビリ職者のためのスカイプコミュニケーションセミナー開催いたします☆

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。