topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床実習に落ちた時に考えるべき事 - 2011.10.03 Mon

私は、作業療法士という仕事をしています。

作業療法士というのは、高校卒業後、作業療法士の養成校に入り、3~4年(学校によって違う)の必要な課程を終了すると、作業療法士国家試験の受検資格が得られ、国家試験に受かると作業療法士になれるという仕組みになっています。


さて、この作業療法士になる課程のうち、もっとも山場となってくるのが、養成校のカリキュラムの中にある臨床実習というものです。


臨床実習というのは、作業療法学生が一人で、病院なり施設なりの実習地に出向き、2週間~2ヶ月の間、研修を受けるというものです。



何故これが山場だといいますと、実はこの臨床実習で不合格になってしまい留年する学生がたくさんいるからです。


私の出身校でも1/4の学生は実習で留年していました。



そして、なんとこの私も、臨床実習で不合格になってしまい、留年してしまった苦い経験があります。





臨床実習というのは、実習地によっては、非常に厳しい課題を課される所があります。



課題が終わらなくて、夜ほとんど寝れなかったり、バイザー(実習地での指導者の事です)の先生とうまくコミュニケーションが取れずつらい思いをしたりと、色んな事があります。




私も実習地のバイザーともうまくコミュニケーションが取れなかっですし、
担当になった患者様と全くもってうまくコミュニケーションが取れず、
つらい思いをしたまま頑張って2ヶ月実習地に通ったものの、
最終的には不合格、留年する事になってしまいました。








さて、実習に不合格し留年してしまった私なのですが、
その時、次の実習に向けて、どんな事を考えていたでしょう?



例えば、「何故失敗したのか原因を探る?」
もしくは、「次はどうやったらうまくいくのか解決策を探る?」


まあこういった事は、考えるべき事として、容易に上がってくると思います。



しかし、私がこの時、これにプラスして考えていた事があります。


それは、
「これから3~5年後、もし、私が作業療法士になって、さらにバイザーとなって逆に学生さんを教える立場となったとしたら、この留年の体験をどのように学生さんに伝えるだろうか?」

っていう事です。


私が考えていた事は、次の実習をどうするか?という視点よりさらに未来を見ていました。

実習を乗り越えて、作業療法士になって、さらにバイザーにもなった時には、この失敗をどのように活かしていこうか??

って考えていたのです。


このように考える事は自分のモチベーションを高める上でかなり有益でした。

なぜなら、このように考える事は、まず実習に合格するという事が前提になっているからです。


まず合格する事は当たり前で、そこからさらに、この失敗を未来でどう活かすかという事に意識を持っていく事で、自分の意識がかなりポジティブになります。

正直な話、留年した時はかなり気持ち的にも滅入っており、自分は作業療法士に向いていないんじゃないかというような否定的な観念も頭によぎる事もありました。

しかし、このように明るい未来を見る考え方をする事で、物事をポジティブに建設的に考える事ができ、次の年は無事、実習を合格する事ができました☆





この考え方は非常にお勧めです。




後から勉強して知った事ですが、

精神科医のビクトールフランクルという人がいます。

「ロゴセラピー」という考えを提唱し、「夜と霧」などの本を書いた人です。

この方は第二次世界大戦中にユダヤ人という事でナチスに収容所に入れられてしまいます。

収容所の過酷な環境の中で彼はどのようにしてその環境を乗り切ったか?

それは、自分が釈放されたらこの収容所のつらい体験を多く人に講演会で語る姿をいつも想像していそうです。
収容所の体験を語り、そして自分の理論の肉付けにして、講演会で語り人々から称賛を得る。

そんな未来を常に想像していたそうです。


辛い体験の際に、その体験を未来にどう活かすか?という事を考えて、辛い体験を乗り切ったという事です。


これは自分のやった事に近いかも!?って思いました。


まぁ、作業療法士の臨床実習に落ちて留年するという事と、ナチスの収容所で生活する事では、辛さのレベルは全然違うと思いますが、

意識の持ち方としてはずいぶん似ているものがあるなと思います。





みなさんもなにか辛い事や困難にぶち当たったらこう考えてみてください。


きっとそこから何か光が見えてくると思います。

● COMMENT ●

自分も先日、臨床実習を経験したのですが不合格となり留年が決定しました。
しばらくは何もする気になれず無気力になっていたのですが、このブログを読んで少しやる気が出た気がします。
今回の苦い経験を自分がバイザーになった時に学生へどう伝えるか?また、この失敗を今後どう活かすべきなのか少し考えてみようと思います。

コメントありがとうございます!!!
ブログを読んで少しやる気を出していただきありがとうござます。

ぜひ考えてみてください。気持ちが前向きになりますよ!!
実習に落ちるっていう経験は、セラピストになった今の私から見るとすごく有益な経験だったなと思っています。

ぜひぜひ先の未来のこと考えて頑張ってください!!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1842-fff4bb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アウトプットする事の喜び «  | BLOG TOP |  » NLPマスタープラクティショナーコース・コアトランスフォーメーション

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。