topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を治している感覚 - 2011.09.21 Wed


私は作業療法士という仕事をしています。


作業療法士って英語でいうと、オキュペーショナルセラピストっていうんですが、

セラピストと名前がつくわりには自分には「人を治している感覚」ってないなぁーとよく思います。



セラピストって言葉だけとると、人を治す人っていうイメージがありますが、自分にはオキュペーショナルセラピストと名乗っておきながら、人を治しているっていう感覚は無い。



自分が対象としている患者さんの影響もあるんだと思います。




私の仕事のメインは認知症の患者さんと歌ったり、体操したり、昔話したり、料理作ったり、そういう感じなので、

私はこれで認知症を治しています!とは、胸を張って言える感じではないなと思います。

人を治している感覚がないからといって、自分の仕事に自信が持てなかったり、不甲斐なさを感じたりとかそういう事はないのですが、

人を治している感覚というよりは、人に寄り添っている感覚に近いです。





人に寄り添って安心感のあるフィールドを作り上げていると、人は自然と元気になる。
精神科で臨床をしていて私はそういう事をたくさん経験しました。

セラピスト自ら、私が治しますっとガンガン前に出ていくというより、横でじっと見守っていると人は自分の本来の力を発揮して、勝手に自分から良くなっていく。
そういった経験をたくさん出来たのがこの仕事していて良かった事だなと思います。






まあそんなわけで、私の思っているセラピストのイメージってそんな感じです。





他の療法士の方はどうなのですかね?



セラピストっていう言葉にどういう意味づけをして、自分の事をセラピストって名乗っていますか?

「人を治す人?」



「人を支援する人?」



「人に寄り添っている人?」


多分どういう人を対象にして、セラピストって名乗るかによっても、違うと思うんですよね。



みなさん。どんな感じでしょう・・・?

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1829-e17e7531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自力整体栃木県矢板講演会‏ «  | BLOG TOP |  » COPM練習会を開きたい!

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。