topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイコンタクトとうなづきの大切さ - 2011.09.17 Sat


認知症の患者さんと接していて、
アイコンタクトとうなづきの効果を最近よく感じています。


患者さんの顔を見て、目を合わせて、うなづく。


この動作を繰り返すだけでも、落ち着かない患者さんが落ち着くようになる。この事の効果をかなり感じています。


すごく単純な事ですが、やはり人は目を見つめられと、自分の存在を見てもらっていると思えるという事なのでしょうか?


しかし、忙しい臨床の現場で、
しっかり相手の目を見てアイコンタクトをしっかりとる。
相手の話にしっかり耳を傾けて、話にうなづく。

といった基本的な事が、実は十分には出来ていないのではないかとも感じています。



患者さんから呼び止められていても、忙しいからといって、対応しなかったり、

患者さんからいろいろと話しかけられていても、まとまらない話なので、ロクに聞かない態度をとってしまったり、、



当たり前の事を当たり前にやり続ける事。

実はこの事が、いろいろと小難しいテクニックよりも、もっとも大切で効果的なのかなと思います。



そう思いつつも、
妻の話や職場の同僚の話を、
ぼんやりうなづくもせず、話し半分で聞いてしまい、
「話聞いてる?」って言われている自分がいます。

気をつけなければ・・・



まずはアイコンタクトとうなづく事。

この事を大切にしていきたいと思います。





● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1825-61a1a92d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レイキ生活やってます «  | BLOG TOP |  » 自己投資についての療法士.comのブログテーマを読んで☆

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。