topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共通点を見つける事 - 2011.09.10 Sat



先日、レイキの勉強会に行って思ったのですが、
レイキで言っている事はNLPで伝えている事と共通点が多いなと思いました。




例えば、レイキでは、
痛みや苦しみ、トラブルは、よりよい人生を送るためのサイン。
痛みそのものが悪いわけではないし、罰でもない。
自分や何かを責めるのではなく、サインを出してくれていることに感謝して、痛みや苦しみをヒーリングする。それらのサインが、自分に何を教えてくれようとしているのかにフォーカスしながらヒーリングを行うと、重要な気づきを得る事ができる。


っていうような事を教わったのですが、

これってNLPでいう「人の行動のすべてには肯定的意図がある」っていう前提と似たような事を言っているなと思います。


うちの上司が言っていたのですが、人間に関する学問はどの学問であっても最終的には同じ所にたどり着くのだそうです。


最初のとっかかりが、NLPであったり、レイキであったり、作業療法であったとしても、ずっと真理を追求していくと同じような所にたどり着くのだそうです。


なんだかそれって面白い事だなといつも思います。


説明する理論は違っても似たような事が起きたりするのは面白いなと思います。





そんな私は最近、自分の生活の中でもうまくいく共通点を見つけていくようにしています。


病院でうまくいったパターンで、地域の訪問リハビリでもうまくいく共通点は何なのか?

患者さんに対して行うレクリエーションと、自分が講師として行う勉強会と、
前に立って話す者としての共通点は何なのか?

とか、

患者さんと話してうまくラポールが取れる時と、妻と話していてうまくラポールが取れる時の共通点は何なのか?




とかそういった事を考えています。


何かうまくいく一定のモデルが見つかったら紹介したいと思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1818-10d659f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンセリングはまず人柄が大切なのではないかと感じた今日一日 «  | BLOG TOP |  » 専門知識はなくてもアウプットする私!

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。