topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が作業療法士という仕事から得たいもの - 2011.08.24 Wed


個人的な話になりますが、私は一人っ子としてのびのび育てられました。


小さい頃から、
「あきらくんは、“ユニーク”なと所あっていいね☆」などと誉められる事が多く、

自分の個性というものを発揮する事を良しとされるような教育を受けてきたように思います。


そんな私は、昔から「自分の個性を発揮したい。」

「自分らしい事をしたい。」
と思ってきました。



そんな私が、作業療法士という仕事を選んだのも、
まさに、作業療法士が自分の個性を活かせそうな仕事だと思ったからです。



作業療法士の作業とは、生活を構成する様々なものであると私は思います。

ある意味、自分ができる事で、患者さんのためになる事ならば、
なんでもできる世界。


私は、作業療法の世界をそのように捉えて、
ここなら自分の個性を活かせそうだと思い、この道を選んだのです。



そう考えると、やはり私が、この作業療法士という仕事から得たいものというのは、
もちろんお給料もありますが、
なんと言っても、
自分の個性を発揮できるフィールドが欲しいという事です☆



そこで、今自分の仕事場を振り返ってみます。

いま自分は、職場で、自分らしさを発揮できているかどうか?

自分の個性は職場で認められているのかどうか?




たまにこうやって、
自分は何で作業療法士になりたかったんだっけ?
と、自分がこの仕事につこうと思った動機を思い返してみる事が大切だなと思います。


振り返ってみる事で、
自分の原点を思い出し、今から自分がしたい事が思いつきます。


そしてまたモチベーションを高めて働いていく事が出来ます。



たまには過去を振り返って、そしてさらに前に一歩加速していきたい。
そんな事を思う今日この頃です☆

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1800-6eb32bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仕事に少し飽きた時がさらなる成長のチャンス «  | BLOG TOP |  » 剣道日記89

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。