topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を変えようとするのではなく、まず自分が変わる事 - 2011.08.22 Mon


最近、人を変えようとするのではなく、まずは自分が変わる事が本当に大切だなと、
改めて感じるような事が多々ありました。


人と話していると、
「この人もう少し、こういう視点をとり入れたら、考え方が広がるのに」って思ったりする事ってあります。


だけど、そういう時の、自分の「この人の考え方の幅を広げてやろう!」とか「その人を変えてやろうっ!」みたいな気持ちって
空回りする事が多いなってよく思います。

空回りして、うまく受け取ってもらえなかったり、怒られちゃったりするのです。



言葉にしなくても自分の「相手を変えやろう!」的な思念って伝わるのかなって思います。



昨日akikoさんのキネシオロジーの体験モニターを受けた時、

自分の隣に、ネガティブな思念を持った人が座っているか、ポジティブな思念を持った人が座っているかで、
身体に入る筋肉の強さが全然違うというワークを体験しました。


言葉にしなくても、こんなに自分の思考って相手に影響するんだってすごく面白いなっと思った体験でした。




また、私は以前、怒っている患者さんに、
「なだめよう」という意図を持って、「まあまあ」って話しかけたら、さらに怒られてしまったのだけど、

ただ「どうしたんだろう?」っていう意図で、ただひたすらその怒っている人のそばにいて、目を見てうなづき続けていたら、その人の怒りが収まり、笑いが引き出せた。
という経験をした事があります。



なんとかしてやろうという気持ちではなく、ただよりそう事の大切さを感じた体験でした。



自分もまだまだ、人に対して、「ああなったらいい。こうなったらいい。」
とおせっかいにも思ってしまうのですが、

そういう事より前に、まず自分がどうなりたいのか?

そして目の前にいるその人自身はどうなりたいのか?

その事に意識を向けられる人間になりたいものです☆

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1797-3ec9c2d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スカイプを使ったNLPのセッション «  | BLOG TOP |  » キネシオロジーの体験モニターさせてもらいました

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。