topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業療法士として「死」をどう捉えていくか!? - 2011.08.19 Fri

精神科の病院で、認知症高齢者の方に作業療法をしていると、
予後という点で、最終的な所を見ちゃうと、結局は「死」なんだよなあという、
事実をどうしても考えてしまう事があります。



「お薬飲んで、リハビリやって、他職種チームでいろいろ頑張って、いろいろやって良くなっても、結局は人間はみんな死んじゃうんだもんなーー」っていうのは、たぶんそれを言っちゃあおしまいでしょ?的な発言なのですが、

そういった事が、頭の中によぎる事があるっていう事です。



ここに事例を一つ紹介します。
80代後半のAさん(男性) 認知症の方
自宅での生活にて、暴力や暴言などあり、家族介護困難になり、精神科病院に入院された方です。

入院後は、薬物療法により、暴力や暴言などが収まり、穏やかになります。
しかし、その後、自室に閉じこもり傾向になって、
「オレはだめだ」など否定的な発言が多くみられるようになります。

さらに、夜間の失禁なども多く見られるようになり、家族が、以前の暴力的なAさんが強く印象に残っていることもあり、家に引き取るのを嫌がるようになりました。




この方、どうしようかという事になった時に、作業療法士は、Aさんの趣味であった“将棋”を使って、作業療法の時間に将棋を行うようにしていきました。

すると、Aさんは、みるみるうちに笑顔を取り戻し、引きこもりがちな生活が一転、自分からホールに出てくるようになり、将棋を通して他の患者さんとも交流するようになりました。

生活の幅が広がってくると、日中の覚醒度もあがり、夜間はしっかり眠るようになったので、夜の失禁もなくなりました。

その様子を見て家族も「これなら家でもやっていける」と安心し、入院から3ヶ月後、Aさんは、自宅に退院する事になりました。



しかし、その後退院して3ヶ月後、Aさんは自宅にて、ちょっとした段差につまづき、転倒し骨折、そのまま入院してしましました。

しかも運の悪い事に、入院後肺炎を併発してしまい、そのまま亡くなってしまいました。






例えば、こんな事例があったとします。


これに似たようなケースは、たまにあるのですが、このようなケースに出会った時、自分は作業療法士としていったい何ができたんだろうか?といろいろと考えこむ事になります。



「せっかく、退院できたとしても、その後転倒して亡くなってしまったのだから、もっと歩行能力を鍛えるようなリハビリをするべきだったのだろうか?」


「いやいや、そうは言っても、まず本人の良い所を引き出して、引きこもり的な生活から脱却し、自宅退院までこぎつけたのだから、あのアプローチでよかったのではないか?」


「しかし、そうはいっても、もう少し入院中から、歩行能力などの評価もして、もう少し退院を引き伸ばしてもよかったのではないか?」


「いやでも、あのタイミングで退院しなかったら、きっと家族は引き取る気をなくしてしまい、あのまま一生入院しているような状況になってしまったかもしれない。。。」


などなど、自分のやったことに対して、ああでもない、こうでもないと色々考えてしまいます。

なんだか、最終的に「死」という事実に直面してしまうと、自分のやった事が良かったのか、悪かったのか、
なんだかわからなくなってきてしまうし、

ネガティブに考えると、自分のやった事すべてが失敗だったような気分になる時もあります。




しかし、こんな時自分は、あまり自分のやったことがどうだったか?というよりは、

Aさん自身はどうだったんだろうか?

彼は、人生の最後にどんな事ができたんだろうか?と考えるようにしています。


最後に、趣味の将棋が存分に楽しめてよかったのかもな?ってそういう事です。



出来なかった事をあげ始めれば、きりが無く後悔する事はできます。

しかし、そんな「死」に立ち会うたびに後悔するばかりでは、自分のテンションが下がる一方で、今後出会う患者さんに対しても暗い事しか考えられないセラピストになってしまいそうです。


それより、その人が、今どれだけ、この場で輝ける存在に慣れるのか!
そのことについて全力を出せるセラピストになりたいなと思います。

作業療法士として「死」をどう捉えていくのか、それは、今後の自分の課題だと思っています。


そして、自分もいずれ死にます。自分が死ぬ時に、あれもできなかった、これもできなかったと後悔して人生を終えるのではなく、自分が生きている間にできた事を承認できるような人生を送りたいと思います。


110819_1934~01

● COMMENT ●

初めて書き込みます

特養で働いてると「死」が身近に感じます。
OTとして何が出きるのか、日々、悩んでます。
しかし、入居者や家族の満足が一番と思い、やりたいことを見つけ出し支援できたらと思います。

コメントありがとうございjます。
日々悩みますよね。

悩みますが、私も対象者やご家族様の満足度が一番だと思います。
共感していただき嬉しいです。ありがとうございます。

お久しぶりです。以前勤めていた病院は認知症専門の病院でした。言うならば現代の姥捨て山、自宅や施設への退院はまれでほとんどが死亡退院でした。

少々長くなりますが、自分が担当していた患者さんが様態が悪くなり治療病棟に移り、もうそろそろとなると知り合いの看護師からいろいろ情報が入ってきます。その方に何ができたか、自分はどんな存在だったのか、自分は何が提供できたか、なんて大変おこがましく考えてしまいます。
そのころ務めていた病院は事例でもあるように家族が介護に疲れて入院されることがほとんどでした。そんな家族に対して、「よくこんなことを話してましたよ」「若い頃にこんな苦労したことをずっと思ってましたよ」「何にもわからなくなったけど会社の役員をされていた頃のこんなこだわりをずっと持ってましたよ」などのその対象者の人柄を伝えられたらいいのかな、いわば家族と対象者の橋渡しみたいな存在でありたいなと考えるようになりました。

iwaponさん。コメントありがとうございます。
私もこのような家族との橋渡し役にどのようにOTがなっていけるかという事を良く考えております。

おこがましいことなのかもしれませんが、やはり人の「死」に直面すると、私もiwaponさんのように、自分に何ができたのかとか?自分はどんな存在だったのか?とか考えてしまいますよ。

コメントありがとうございました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1794-1f46b395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

知識で人を傷つけるのではなく、知識で人を癒す事をしていきたい «  | BLOG TOP |  » 歳のせいだと思うか、仕事をしてるからだと思うか?

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。