topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の稼ぎ方を、作業療法士の養成校は教えてくれない - 2011.08.14 Sun


みなさんこんにちは。

杉長彬です。


最近、作業療法士の学生さんの指導をする機会がたくさんあるので、
改めて作業療法士の養成校で教わった事って何だったんだろうと振り返ってみる機会が多いです。


振り返ってみて思う事は、お金の稼ぎ方を、作業療法士の養成校は教えてくれなかったなあとよく思います。



作業療法士がお金の稼ぎ方?


なんでそんなものを知る必要があるの?

って思う方もいるかもしれませが、

こちらは我らがIRA研究会会長仲村圭先生もブログで語っていらっしゃっているので、こちらもご参照下さい。

「お金」を考えないリハビリ職者は生き残れなくなる!

医療職というのは、営利でやってはいけないとは思うのですが、

少しはお金の稼ぎ方、人の集め方、患者さんの集め方について勉強した方がいいなあと思います。



何故そう思うのか?



養成校で習った作業療法というのは、
基本的にあなたの前に患者さんがいるという前提のもとに行われています。

つまり作業療法の指示箋が出ていて、患者さんがリハビリをしようとしている。
そういう暗黙の前提のもとに作業療法学というものを教えている。


これが、実は養成校の時に埋め込まれた暗黙の前提みたいなものだったなと、
臨床に出てみて何年かして始めて気付いたように思います。



精神科の臨床に来てみて思った事は、
ただ目の前にいる患者さんだけリハビリしていてもダメだなっていう事。


もっと自分の見えない所にリハビリを必要としている人がいるという事。

そういう見えない人のニーズをいかに汲み取っていくか?
その能力が大切だなと思います。


これは、対象者が目の前にいないのに評価しないといけないようなものです。



こういうのをビジネスの世界では、「見込み客」をどのように見つけていくか?
という話になると思うのですが、
こういう事がとにかく大切だなと臨床に出て思ったのです。


そしてこういう事は、作業療法の養成校では教えてくれなかった。
そんな事も振り返ってみるとよく思うのでした。




まあ、別に教えてくれなかったからといって養成校を責めたい訳ではありません。

ただ本当の勉強というのは養成校を卒業してから始まる。

そういう事をつくづく思います。


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1788-bebc2fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

銀座コーチングスクール コーチング体験講座 «  | BLOG TOP |  » 専門職の危うさ

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。