topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門職の危うさ - 2011.08.14 Sun


私が作業療法士の免許をとった時、
うちの母や祖母に、すごく喜ばれ
「良かったね~
これからは高齢化社会だし、作業療法士の資格をとったらもう安心だね~」

ってな事を言われた事をよく覚えています。





しかし、私はその時からすでに、専門職の安定性も感じつつ、どこか危うさも感じていたように思います。


私が作業療法士という専門職に危うさを感じるようになったのは、作業療法の臨床実習に行った時の事です。


とある回復期のリハビリテーション病院でした。

そこでみた光景なのですが、

とあるおじさんが、ピアノを弾き語りながら、デイケアの利用者さんと歌を歌っている場面に出会いました。

私は「音楽療法士の方なんですか?」
と近くのスタッフに聞いた所。

「いや違うよ。彼は、柔道整復師なの。昔は、ここでリハビリとか、今PTOTがやっているような事もしてたんだけど、
だんだんPTOTが増えてきたら、彼の仕事は無くなってきて、今は趣味のピアノを活かして、音楽療法で働いているんだって~」

ってな話を聞きました。



その時私は、その話を聞いて、結構ショック受け、社会の厳しさを感じたように思います。




またこんな事もありました。


急性期の病院に実習に行った時の事ですが、そこでは、臨床検査技師さんが事務職をやっていました。

彼は「昔は臨床検査技師は引く手あまたで、仕事もいっぱいあって、同僚もたくさんいたんだけど、
診療報酬制度が変わって、あまり検査が出来なくなって、検査の仕事がどんどん無くなっていったんだよ。
同僚はほとんど辞めていったんだけど、僕はパソコンに詳しかったのでその腕を見込まれて、事務職として引き抜かれたんだ。」

と話していました。


この話も結構ショックを受けました。


この柔道整復師や検査技師は、時代の流れや診療報酬改訂のあおりなど、色んな影響を受けて、もともとしていた仕事とは違う分野で働いているのです。




この体験から、私は作業療法士だって、いつまで作業療法をやっていられるかわかったもんじゃないなと、感じた事をよく覚えています。



自分は、作業療法士としてずっと作業療法をやっていくのか?
それとも時代の流れとともに何か別の仕事をする事になるのか?


それはわかりませんが、いずれにしても、どんな仕事をするにしてもある程度自分で選択して、仕事ができるような状態でいたいなと思います。
(お金のためにイヤイヤするのではなくね)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1787-176c5b8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お金の稼ぎ方を、作業療法士の養成校は教えてくれない «  | BLOG TOP |  » 作業療法士が一番先に切り捨てられる職業なのか??

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。