topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業療法士の社会的認知度が低い理由 - 2011.08.10 Wed


最近、作業療法の社会的認知度をあげようとか、職域を広げようとかいう話を、作業療法協会のニュースなどでよく見かけます。


だけど、作業療法士ってまだまだマイナー、社会的認知度の低い仕事だなって思います。



世の中で作業療法っていう言葉もそうだし、行為そのものがまだまだマイナーなものだなあと感じます。


なんで作業療法の認知度が上がらないのかな?
と自分なりに考えてみたところ

作業療法が未だ「重い病気や疾患のある方」のみに行われているからなのではないかと思います。

つまり、病気になって始めて作業療法を知るという現実。

これが作業療法の社会的認知度が上がらない理由だと思います。



ここでいう重い病気とは、脳梗塞や統合失調症、骨折など比較的大きな疾患の事です。

このような疾患にかからないと、普通の方は日常生活で作業療法士に出会う事はありません。


つまり、風邪や花粉症、虫歯、など誰でもかかりうるような比較的軽い疾患では、

医者や看護師、薬剤師に出会う事はあっても、作業療法士には普通の人は出会わないのです。


なので同じ医療職でも医者や看護師、薬剤師は誰でも知っている。

しかし作業療法士はなかなか知られない。

そういう現実を作り出しているのだと思います。





作業療法も、もっともっと、対象とする疾患の幅を広げて、

風邪やアトピー、花粉症や肩こりなど、
こういったものにも、効果がある事を示せれば、我々作業療法士の職域も知名度も格段に、アップするだろうなって思います。


でもたぶん、アトピーとか、花粉症とかに対する作業療法って研究している人っていないんじゃないかな・・・?


なので、まあかなり夢物語みたいな話ではありますが・・・

いろいろと妄想を膨らましている今日この頃です。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1784-4f8c72c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヨーロッパ旅行 «  | BLOG TOP |  » 人がもっと楽しく働ける医療現場を作りたい。

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。