topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし歩けるようになったとしたら、何がしたいですか? - 2011.06.27 Mon


今日患者さんと歩行練習をしている時の事です。



『歩けない。もう疲れた。もう駄目だ。』


と少し歩くとすぐに疲れてしまう様子でした。






そんな感じでしたので、ゆっくり座ってお話しをする事にしました。




そこで、私は『もし、自由に歩けるようになったとしたら、何がしたいですか?』

と聞きました。




すると、彼は

『走りたい。』

とぽつりと一言。




疲れて歩くモチベーションの低そうな彼から、『走りたい』なんて言葉が聞かれるなんて、

私にとってはかなり意外でした。





よくよく話を聞いてみると、
『実は昔マラソンが好きだった。選手に選ばれた事もあった。長距離が好きだったんだ。』と話してくれました。


そんな時の彼は、かなり生き生きと話し、非常に楽しそうでした。

きっと『マラソン』という彼にとって大切な作業を思い出したのだと思います。





さて、ここで私がした質問。

『もし歩けるようになったとしたら、何がしたいですか?』


この『もし~~~だとしたら・・・』

という質問はNLPでは
as if フレームと言われる質問です。


『もし、』という質問をする事で、
自分は歩けないという頭の中の制限を外して、

本当はどうなりたいんだろう・・・?


という自分の可能性を探っていく事ができます。



こんな感じでNLPは、作業療法士にとって必要な『クライアントがどんな作業を大切にしているか?』を引き出す、いい手段になりえます。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1735-3b9a1c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

朝活だ «  | BLOG TOP |  » 日本作業療法学会3日目トップダウン的思考の教育的課題

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。