topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔軟性を手に入れる質問 - 2011.05.26 Thu



NLPを学び始めてから、かなり考え方が柔軟になってきてなと感じています。





NLPを学び始める前は、
『○○しなければならない。』

『○○すべきである。』

という考えがたくさんあって、

その考えが、自分の発想の幅をかなり狭めていたなと思います。




『○○すべき。』
『○○しなければならない。』
というのは、
NLPでは、必要性の叙法助動詞って言われるもので、

『もしあえてそうしたらどうなりますか?』
『もしあえてそうしなかったらどうなりますか?』

などの質問をして、
色んな可能性を探っていく質問をする事ができます。






私は、就職して、1~2年。
『患者さんに作業療法をする時は、最初にしっかりと患者さんの評価をしなければならない。
患者さんの問題点や全体像をしっかり把握してからでないと、治療にとりかかってはいけない。』


という考えにずっととらわれていました。



それが自分が養成校で教わってきた作業療法でしたので、そういうものだと思っていたのです。




しかし、精神科で多くの患者さんを集団で見ていた自分は、当時なかなか一人一人、しっかりと評価計画をまとめてから、治療にとりかかるという事ができていませんでした。



そんな自分は、自分の事を認められず、自分のやっている事にも自信が持てずにいました。


今思えば自分の考えにとらわれて、
自分で自分をかなり窮屈にしていたなと思います。




でも、最近は、NLPのメタモデルの質問を知っているので、

『もし、あえて患者さんを、最初に評価しないで、関わるとしたらどうなるんだろう??』
と考えるようにしました。


『あえて評価という視点を持たずに人と関わるという事。』

その可能性を考えるようにしてみると、逆に面白い視点に気づく事ができました。




人を評価してから関わるのではなく、
まずその人そのものから関わっていく。
そして、その人の健康的な所から関わっていく。


そういった関わり方も、人間的で自然体な感じがして、いいなあと思えるようになりました。

そういった関わりの方がその人のいい所がたくさんわかる。
そんな感覚がありました。


そういった関わりを通して、
関わっていくうちに
その方が『○○に困っている。』
『○○が問題。』
っていう事が評価できるようになれば、
その事について関わっていけば良い。



そういうスタンスも素敵だなぁと思えるようになりました。





別にこれはどちらが良くてどちらがダメと言っているのではありません。




最初に評価してから関わってもいいし、
関わりながら評価していってもいい。


なんだかそんな柔軟性を自分が受け入れられたようで、
すごく自分の働き方が楽になったなと思います。




今から思えば、
『患者さんに作業療法をする時は、最初にしっかりと患者さんの評価をしなければならない。』
と強く強く思いこんでいた1~2年目の頃の自分は仕事に全然自信が持てず、
なんだか仕事も嫌な事が多いと感じ、
自己否定、職場否定の気持ちが大きかったように思います。



そんな自分も
『あえて評価という視点を持たずに人と関わったらどうなるんだろう?』
という視点持つ事で、
ぐっと考えの幅が広がって、仕事が楽しくなったきたように思うし、以前より自然な形で人の評価ができるようになったように思います。


柔軟性を持つこと、
選択肢をたくさん持つを大切にしていきたいなと思う今日この頃です☆


● COMMENT ●

先日の勉強会はお疲れ様でした。
 
 この日記も面白いですねぇ・・
 
 私の今勉強している構造構成主義的研究法では「方法の価値は目的によって決まる」とされ、方法の手順を遵守することを「方法の自己目的化」として批判します

 とは言え最初は「基本的な手順を守らなきゃ」という呪縛はどうしてもつきまとうので、NLPによってそれを転換するのもよろしいかと私は思います。

 結構しなくても大丈夫なことって多い気がしますねぇ

構造構成主義の中でもまず目的を大切にするんですね☆

面白いですね☆





『基本的な手順は守らなければいけない』というのは、NLPの世界ではビリーフと言われる一つの思いこみとして取り扱われるものですね。


ただ、『基本的な手順は守らなければいけない』とビリーフがあるからこそ、うまくいっていることもあるわけで、

どんな時、このビリーフが役に立ち
どんな時このビリーフが足かせになるのか?
知っているとより、目的に応じて思考のパターンを切り替える事が出来るのではないかと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1696-89e70899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アウトプットの法則 «  | BLOG TOP |  » 他人と自分を比べてしまう時にする事

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。