topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えにつまってしまった時の対処法 - 2011.04.26 Tue


先日、学生さんのフィードバック中に



患者さんの、問題点、目標、そして作業療法プログラムの関係について質問していた所、




学生さんが混乱して、答えられなくなってしまいました。







こういう学生さんが言葉に詰まってしまった時、

バイザーとして、さらに答えやすいような質問をしたり、

何か助け船をだすように、こちらから話をしてあげたりするという方法もありますが、



NLPerな私としては、彼の様子をよく観察すると、彼の姿勢が硬直している事に気づきました。




彼は何か考え込むかのように、身体を少し丸め、固まっているように見えました。


こんなに身体を固めて質問に答えようとすると、
きっと柔軟な発想は出来ないだろう。

たぶん、聴覚だけで物事を考えて答えをしているのだろう。

そのように読み取った私は、

いろいろと質問する前に、まず彼に大きく深呼吸をするように勧めました。


そして視線を上に向けるように誘導して、

さらに対象の患者さんをイメージするように促しました。




すると、

なんとそれだけの事で、彼の表情が緩み、
そして、『患者さんの問題点・目標・プログラム』についてスラスラと説明し始めました。



このように、物事を考えて、何かに行き詰まってしまった時、

自分の姿勢を変えてみる事や
呼吸の仕方を変えてみる事、
視線の位置を変えてみる事は
非常に有用な場合があります。



みなさんももし機会があれば、試してみてください。



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1668-c89de5af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日は同期とご飯食べました。 «  | BLOG TOP |  » NLPマスタープラクティショナーコース リインプリント ダンシングScore

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。