topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OTを受ける祖母の孫として… - 2010.12.23 Thu

今日は、祖母の家に遊びに行きました。



祖母は近くの介護老人保健施設に通リハに行ってるのですが、


そこで、このようなものを作ったそうです。









私は、この通リハにOTがいるのかいないのかは、
はっきりとは知らないのですが、


祖母は、『リハビリの先生にマッサージを受けてから、こういうを作るんだ。』と話していました。


私は、祖母もOTやってるのかな~って思いながら、


『すごいね!よく作ったね』と話したのですが、


こういう時にすぐ、『よくやってるね!』と誉めたり声をかけたりできるかどうかは、


自分に余裕がある時はできるけど、
そうでない時は『ふ~ん』で流してしまいそうだなと思いました。




よく自分が作業療法士として働いていて、面会にきた患者さんの家族に、


『これ○○さんが作ったんですよ』 と紹介しても、『ふ~ん』と流されてしまう事があるけど、



それはこういう感じなんだなと
身を持って体験しました。



チゲうどんです。





あんみつです。





フルーツタルトです。


● COMMENT ●

まぁ、家族だと色々と複雑というか
自分自身の疲労度にすごく対応が左右されますよね。
仕事ですら、仕事モードでがんばって対応できる時と
がんばりきれない時がありますから。

akikoさん。そうなんですよ。自分の疲労度に左右されます。
仕事だと仕事だと思って対応できるけど、プライベートだと地が出ますね。。。

私も母には優しくするの難しいです。
夫の母は耳が悪くて大きな声で話をするのも苦痛じゃないんですけど。
こういう仕事をしているのだから、母にも優しくできると良いなって思ってはいるのですが、なかなか思うようにいきません。
誰か気持ちの切り替え方教えてくれないかしら。

親は色々複雑ですよね。
確かに気持ちを簡単に切り替えられない所に
親子関係の複雑さがありますよね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1543-e1b2848a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

将来、父親の年収に追いつけるのか?? «  | BLOG TOP |  » 剣道日記78

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。