topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫になりきったつもりでペース&リードする - 2010.11.14 Sun

今日、NLPの仲間と話していて、気付いた事があります。

自分は、時に高齢の患者さんと話をする際、その方の孫のような存在になることを意識する事があります。


それは、患者さんと私の間であまりに年齢差があるので、患者さんが私の事を見下したり、年下扱いをしたりする場合です。


そういう時、自分は『病院の職員なんだから威厳みせなきゃ』っ抵抗する事なく、あえて患者さんの世界観に素直に入って、自分もかわいい孫のような雰囲気を醸し出そうとします。

そうすると、『こんな若造の指図は受けん!』と、頑なだった患者さんが『かわいい孫のようなもんだし、少しは言うこと聞いてみるか』ってな具合に態度を軟化させてくれる事があります。


20代の今だからこそ使える技だなと思いますが、あくまでも相手のマップに合わせつつ、自分の持っていきたい方向へリードしていく。
そんなペース&リードのNLPの手法が使えたりします。

相手にまずは合わせてみるって大切ですね☆
ふと思った事でした。

● COMMENT ●

それ、50になってもそうですよ。患者さんからすると、50の私は調度娘位になるのです。
あと大切なことは、自分より年長の方はやはり、敬う気持ちが必要だと思います。

本当にそうですよね。まずは相手を敬う事。
大切ですね。いくつになっても使えそうですね。
がんばります。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1494-59484e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人のモチベーションを上げる話し方 «  | BLOG TOP |  » NLPマスタープラクティショナーコースその14

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。