topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第44回日本作業療法学会③ - 2010.06.14 Mon



第44回日本作業療法学会の3日目に行きました。

今日は「精神病早期介入の現状と作業療法の可能性」と閉会式に参加しました。


そして
三日間の振り返りを軽くします。

初日は、初めに「障害者自立支援のこれまで、そしてこれから」というシンポジウム4を見ました。
精神障害者が地域で、暮らしていくためにどのような支援をしているかという話を、3人のシンポジストから聞きました。
3人のお話から、自分がメッセージとして受け取った事は、「地域支援とはそんなにたいそれた事ではない。今日から明日からでもできる事がある。」「地域に出る時には、自分の専門家としての立場を忘れて、自分もその地域に住む一人の人としてのふるまうことが必要になる。」
などの話を聞きました。

地域に出れば出るほど、対象者のパワーをいかに引き出せるかという事が大切になるので、専門家はどんどんやる事がなくなってくる。という話がすごく自分にとっては印象に残りました。

OTとして専門性がもっと欲しいと思うときもありますし、普通に人としてどう関われるかが重要だなと思うときもあります。
自分はどんなOTになりたいのだろう・・・とそう思うのでした。

その後、自分は、「当院における服薬教室と退院パスポートの試み」という演題を発表しました。
質問はいろいろあったのですが、一人の質問者から「服薬教室を行っていくうえで、作業療法士としての役割はどこにあるのか?」という質問がありました。
診療報酬上のことや、生活リズムを整えることの必要性を話したり、などの話をしたのですが、

あまりうまく答える事ができず、「自分は”作業療法士として”の役割」をどう考えていくのか、今後の課題だと思いました。


そして初日最後は、山田孝先生の「65歳大学」を見ました。
手工芸なら手工芸の先生が教えればいいが、人間作業モデルを教えられるのは作業療法士しかいないという話が印象に残りました。

2日目は、宮前珠子先生らの作業の魅力とパワーを聴きました。
作業を用いる事で、人がいかに健康になるのか、事例を用いた説明でした。
作業療法を説明するのに、事例発表が一番わかりやすいなと思い聞いていました。
まさに、”作業”っていいなって思うお話でした。

その他2日目は嚥下摂食障害の作業療法を聞きました。


最終日の「精神病早期介入の現状と作業療法の可能性」は、まあこんなもんか。。ていう感じでした。

3日間通して思ったことは、みな作業療法士にしかできない独自性を求めて、いろんな所でがんばっているんだなと思いました。
作業療法士にしかできない事、作業療法士だからこそできる事。そういった事を、いろんな人がいろんな分野で模索しているんだなと、そんなことをすごく感じた3日間でした。

● COMMENT ●

学会お疲れ様でした!

仙台学会お疲れ様でした~!やっとPCの前に座ったのでコメントできます☆
本当に勉強になる学会でしたね。
周囲の人が「良い学会だった」と言ってる人が多くて、それが嬉しかったです♪
参加した皆が、作業療法についてもう一度考える機会になって
臨床がまた変わっていくと良いですね。
私も、皆がんばっているんだな~って同じこと思いました。
そこに焦点があたっているのも嬉しいことです。これからも共にがんばりましょう~☆

お勉強会お疲れ様です。精神でも身体でも障害をもつ方が回りの先生や家族や様々な方の協力で社会生活をできるまでになっても、現在の社会の受け入れ態勢はまだ充分とは言えず、障害者雇用をしている所も少ない上、雇用されても、派遣やパート扱いであるケースが多く、賃金の上昇とか待遇面が良くないようです。私の知人もこれでは、子供が一人になった時にどうしたものかと頭を痛めています。社会生活でそういう人達も安心して生活できるようになると良いですね。

chaOTさん>コメントありがとうございます。仙台学会お疲れ様でした!!
作業療法について、もう一度考えるような学会でした。

皆いろんな所でがんばっているんだなという事がよくわかる学会でしたよね。これからもがんばりましょう!!

由起子さん>お疲れ様です。そうですね。どんな人でも安心して暮らせる世の中になったらいいですよね!
社会は色々な現状があって、頭を悩ませるような事も多いですが、自分も作業療法士として、できる事があるなら、何か貢献していきたいとも思う今回の学会でした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1337-754b4a2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

剣道日記57 «  | BLOG TOP |  » 第44回日本作業療法学会②

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。