topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王子さまになったカエル 神経言語プログラミング リチャードバンドラー ジョングリンダー - 2009.11.07 Sat

20091107080445

NLPの本はたくさんありますが、NLP創始者の二人が書いた本というのは手に入るものは意外と少ないです。
創始者の二人がどのような思いでNLPを作ったのかその辺りの事を知りたくて図書館でこの本を借りました。

この本の原著は1979年にまとめられたもので、1975頃より神経言語プログラミングは初めて提唱されたとの事なので、NLPができてわずか4年でできた本であるという事です。



モデルとしてまだ十分に確立されていないような所もありますが、アイアクセシングキュー、アソシエイトとディソシエイト、メタモデル、アンカー、アズイフフレーム、タイムラインやインテグレーションなどについてその当時のワークショップをベースに書いてあります。


NLPを理解するには不十分な内容かなと思いますが、本の端々から創始者の熱い思いが語られていて面白かったです。

まず、創始者の二人は初めから、科学的であることに興味はなく、いかに実践的であるか、いかに使えるかっていう事を追い求めていた事がよくわかりました。

自分たちのセミナーの事をこじつけやでっちあげと言い切ってしまい、これが科学的であるかどうかには興味はない、こじつけやでっちあげである事を認めた上で使ってみた時に使えるかどうか?に興味があると言っている所が非常に面白いなと思いました。

読んでみて思った事は、このあたりの視点、自分がNLPに興味を持った原点なんだろうなと思いました。

臨床で働き始めて、患者さんのためになる事は何か?を求めて、色々な学会や研修会に参加しましたが、その中で「何が大切か」については語られても、「どのようにやるのか?」については語られている学会はなかったように思います。

「チーム医療が大切。」「患者さん主体で考える事がとにかく大切。」「患者さんの大切にしている作業を支援する事が大切。」
などなどいろんな所で、いろんな事を聞きましたが、ではそれを実行にするのに初めの一歩はという事について、語られる事はほとんどないように思っていました。
臨床経験も浅く、職場での権力もない私は、じゃあ何から始めたら良いのというところでいつも戸惑っていたように思います。

そういった自分の気持ちにピタッとNLPの考え方がはまったんだろうなと改めて感じた1冊でした。

王子さまになったカエル―神経言語プログラミング王子さまになったカエル―神経言語プログラミング
(1991/10)
リチャード バンドラージョン グリンダー

商品詳細を見る

● COMMENT ●

この本まだ、うちにありますよ~!
なつい!!

コメントありがとうございます!
今はこの本このヴァージョンでは売ってないみたいですね☆
持ってるなんてすごい!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1184-4f7fc3d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こころの科学148号 キレる 怒りと衝動の心理学 «  | BLOG TOP |  » インフルエンザにかかりました

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。