topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな療法や理論でもだいたいパターンは同じなのではないか? - 2009.05.12 Tue

どんな療法や理論でもだいたいパターンは同じなのではないか?

そんな事を相変わらずよく思います。

先日テレビで、「玩具療法」と言うものを紹介していて、感心しました。

テレビでは玩具療法を認知症の高齢者に活用しているデイケアが取り上げられていました。

高齢者に昔話が良いって言えば、回想療法だし、高齢者に計算が良いって言えば、学習療法ですよね。

最近はなんでも、○○療法っていうののが出てくるなと思います。


最近は、いろいろ○○療法って言うのが出てきては、取り上げらたりしますが、どんな療法でも成功している事例や、成功している施設と言うのは、だいたい同じようなパターンで成り立っているのではないかなと思います。

なんかうまく説明できないですが、いつもそんな事を思います。

名前と導入するものが違うだけで、何だか成功しているパターンはいつも一緒なんじゃないかなと思います。

● COMMENT ●

 治療の構造の問題・・面白いですねぇ・・

 ぱきらさんも書き込みされていたトピで作業療法の意義みたいなのが議論されていましたが、あそこで、私も書いたように、手術でも、薬物療法でも、それの治療効果というのは、生理学的レベルから心理・社会レベルまで色々あるわけで、生理学レベルを主にターゲットとした治療は汎用性はあるけれど、ある意味その程度なわけで、逆に対象者個人で様々なスタイルをとりうる社会・心理(人間)というレベルではオーダーメイドなセラピーが求められるということを感じました・・

 「カガク」に対する信仰により、前者の汎用性の高いものの方が信頼度が高いような感じにはなっていますが・・

 というわけで、以前ぱきらさんが学習療法についても述べられていたように、治療の構造を把握することがより、治療の効果を得られるのではないかと思います。

OTサンシャインさん>コメントありがとうございます。
OTサンシャインさんの書き込みを読んでだいぶ頭の中が整理されました。「効果」というとき、それが生理学的レベルで確からしいや「カガクテキ」であることにこだわると、なかなかOTの効果が出せず苦しむって感じなんでしょうかね?

一度、OTは医療というものから離れて、どうやったら成功できるかって事を考えて実践してみる事も大切なのかなとか思ったりしますよ。

こないだのトピには書き込まなかったですが、一度「どうやったらOTは病院の利益に最大限に貢献できるか?」と考えてみるような事も大切かなと思ったりします。
例えば、「OTが病院の売りになるように病院の中での社会的地位を高めていき、OTが盛んだからという事で入院してくる患者さんを増やす。」事を目指すとか。。。
そういうことも良いのではないかなと思います。
なかなかこういう視点で考えている精神科OTはいないような気がして残念ですが、こういうことを考えていけば、もっとOTの社会的地位は上がるのではないかな~と思うんですけどねーーー

OTの社会的地位(認知度)の向上、大きな課題ですね!
ぱきらさんの考えには、なるほど!と思いました。
そういう視点で、院内のOTさんには頑張って欲しいなぁと思いました。

デイケアの私ができることは、多職種の中にOTが埋もれてしまわないように…職種的に求められることができるか、地域にどれだけ出て行けるか…いろいろと模索しています。

話がずれてしまってすみませんv-356

じゅごん2さん>コメントありがとうございますっ!!そうですよね。OTの社会的地位の向上は大切だと思います。
OTがカガクテキにエビデンスが出せようと出せまいと、社会的に認知されて、必要な職業だと言う事が、認識されればOTはどんな事があっても生き延びていけるのではないか。。。と思うのですがね。。。

デイケアに働いていると、OTの存在意義とかそれはそれで、アイデンティティを出さないといけなかったり大変そうですよね!!


でも逆にそういうところならば、OTって事を強調しなくても、自分ならこういう仕事をするって感じで、自分自身の存在意義を説明する機会にもなりそうで、何だか鍛えられそうな感じですね☆

お互いがんばりましょう


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bentoukoukai.blog50.fc2.com/tb.php/1008-390b2900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平成21年5月13日 «  | BLOG TOP |  » 平成21年5月12日

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。