topimage

2012-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のコーチング - 2012.08.31 Fri


今日は鯨岡さんのコーチングを受けていました。


月に1回受けているのですが、コーチングを受けるというのは、本当に自分自身が今こういう所にたっているんだなという確認になります。


自分のたっている立ち位置がわかるというのはすごく大切な事です。

自分の立ち位置がわかるからこそ、次にどこに進めばいいのかがよく分かる。そんな感じです。


コーチングを受けて、また明日から頑張ろうって意欲がわきました!



スポンサーサイト

言っていることとやっていることを一致させる - 2012.08.30 Thu


恥ずかしい話なのですが、
私は、妻や母親など、身近な人間から
「あなたはブログにコミュニケーションが大事とか良いこと書いているのに、実際の家族とのコミュニケーションはどうなんだっ!」ってたまに怒られたりする事があります。



人がメッセージを伝える際に大切な事は、メッセージと自分自身のあり方が一致していると、人に伝わりやすいっていう事が言われています。

確かに太っているセラピストに「やせろ」と言われても説得力ないですし、
全然頑張ってない先輩から「もっと勉強しろ」とか説教をされても、聞きたくないですよね。


私も妻や母の言うことをよく聞いて、
プライベートでも仕事でも人とのコミュニケーションを大切にする人になれるように日々精進したいって思う今日この頃です。







‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

これから行うセミナーのお知らせです。


平成24年9月16日~17日
もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座



http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11270477677.html


コラボセミナー「セラピストのための心の軸作り/治療家生命を格段に向上させたい」を行います!

http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11320989034.html









療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/


苦手な人と接する時のコツ - 2012.08.28 Tue


職場で働いていると、いろんな人と出会います。

その中には「苦手だな~」って思う人が一人や二人っているものです。


昔は、「苦手だな」と感じる人から、敵意を感じてしまう事が多かったです。

なんか苦手だなと感じる人と話していると、
なんだか自分が嫌われていたり、

なんだか自分が怒られているように感じていたのです。





しかし、NLPを学んでから、
苦手な人というのは、別に私に対して敵意を抱いている訳ではないんだなという事がわかってくるようになりました。




敵意ではなく、自分とコミュニケーションのパターンが違うだけなのだという事に気づくようになったのです。


それに気づくだけで、ずいぶんその人と話すのが楽になりました。


コミュニケーションのパターンが違うのだという思いでニュートラルに人と接するのと、
なんだか怒られているように感じながら人と接するのでは、
ずいぶん人との付き合い方が変わるものです。






「ニュートラルに人と接する」っていうのが、対人関係をよくするためのコツだなと思う今日この頃です。


そのためにはコミュニケーションのパターンをいろいろと知ることがすごく大切です。


9月16日17日に行うセミナーでは、そんなコミュニケーションのパターンについてもいろいろとお伝えしたいと思っています。


興味のある方ぜひご参加下さい。


平成24年9月16日~17日
もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座



http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11270477677.html





‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
その他セミナーのお知らせです。




コラボセミナー「セラピストのための心の軸作り/治療家生命を格段に向上させたい」を行います!

http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11320989034.html









療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/







昔の友人たちと会って思うこと - 2012.08.26 Sun


今は、旅行で関西方面に来ています。


関西は私が大学時代に過ごした場所で、昨日は大学時代の友人後輩先輩にたくさん出会いました。







かなり久しぶりに会った人たちが多くて、自分が学生時代に知り合った友人たちがみんな立派な医療人として働いているという話を聞いてなんだか不思議な感じがしました。



みんなの頑張っている話を聞いて、自分も頑張らなきゃな~ってしみじみ思った一日でした。







‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

これから行うセミナーのお知らせです。


平成24年9月16日~17日
もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座



http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11270477677.html


コラボセミナー「セラピストのための心の軸作り/治療家生命を格段に向上させたい」を行います!

http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11320989034.html









療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/


最近の若者は・・・って愚痴るような大人にはなりたくない - 2012.08.24 Fri


働き始めて、いつの間にか7年目になり今の部署では一番の古株になってしまいました。

私も30歳をすぎ、
新人さんや学生さんとのジェネレーションギャップを、感じるくらいの年齢差になってきました。




新人さんや学生さんを見るときに
「最近の若者はまったくなってない!」とか「今の若者は○○だ!」みたいな事を言って“けしからん!”と怒る人もいますが、自分はそういうのは絶対やめようって思っています。


まずは自分の1年目の頃と、今の1年目の子たちを比べてとやかく言うのはやめようって思っています。


まあ自分の1年目の頃が大したことなかったっていうのもありますが、
自分の1年目の頃の職場や社会の状況と、今の1年目の子たちの周りの環境はまったく違うものなので、それを比べて、今の子たちはどうのこうの言ってもしょうがないかなと思うからです。






例えば、
現在に働く私が、高度経済成長の頃の日本のは週6日勤務が当たり前だったのだから、もっと働くのが当たり前だと言われても、そんな無茶なって思いますし、


もっと昔の日本は兵役があるのが当たり前だったのだから、今の若者は、たるんでるって言われても、
「なにワケわからない事言っているんだ!」って思うようなものなのです。




つまり何が言いたいかというと、

今の新人さんに、
「俺の新人だった時は○○だったんだから、もっと○○しろ!」
って言った所で、それはもうピンとこない話なんじゃないかなという事です。




今の若者は甘えているとか

今の若者は礼儀がなっていないとか

今の若者はコミュニケーションが下手だとか

そういった事を昔の若者と比べてとやかく言っても、それはもう昔とは状況が違うので当たり前の事ですし、しょうがない事なのです。


その代わりに、最近の若者は昔の若者と比べて明らかにできるようになっている事もあります。

例えばパソコン インターネットに昔の若者より強い

とか

昔の若者より無駄使いをしない(経済的に日本は厳しくなっていて、お酒、車などにお金を使う人が減っています。)とかそういった一面も有るわけです。






まあ簡単にいうと悪い所ばかりみるのではなく、いい所をみて一緒に働いていきたいなと思う今日この頃です。













今後行うセミナー情報




もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座


コラボセミナー「セラピストのための心の軸作り/治療家生命を格段に向上させたい」を行います!

http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11320989034.html









療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/


求められる事とやりたい事のバランス - 2012.08.23 Thu


最新刊が送られてきたので、久しぶりに機関誌「作業療法」をパラパラ読んでみました。

「高齢期障害領域の医療機関で働く看護師・理学療法士の作業療法に対する意識調査」っていう論文が目にとまり、気になったので読んでみました。


PTと看護師にアンケート調査を行い、作業療法士の介入として、クライアントの生活全般に介入する事をよく知られているけれど、
クライアントの自己知識、価値観、社会的役割、心身機能を結びつけた評価と介入の具体的な方法論は十分に理解されていない傾向がありそうだ。


っていうそんな内容の論文でした。



他職種から作業療法士ってこんな仕事って思われている事と、
作業療法士自身が自分たちはこういう仕事だって思っている事が、少し違う。

そういう事って、どこの職場でもよくある事なのではないでしょうか。





そして、人から求められる事と、自分のやりたい事がちょっと違うというのも、わりとよくある事です。


こういう事のバランスをうまくとれるようになる事が、
仕事を長く楽しく続けるための秘訣なのではないかなと私は思います。


このようなバランスをうまくとるために必要な事って、
私はコミュニケーション能力とセルフコントロール力だと思います。




求められる事と自分のやりたい事とが違ったとしても、
人とコミュニケーションをとってうまく伝える力や、
自分自身をコントロールして折り合いをつけながら働いていける力を身につければ、
仕事を長く楽しく続けられるのではないかなと思います。






そんな事をふと思いついた論文でした。






‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

これから行うセミナーのお知らせです。


平成24年9月16日~17日
もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座



http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11270477677.html


コラボセミナー「セラピストのための心の軸作り/治療家生命を格段に向上させたい」を行います!

http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11320989034.html









療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/


自分の臨床家としての課題 - 2012.08.21 Tue


働いていると勉強したいと思う事は、たくさんある。


OTの仕事って本当にいろんな分野の知識が必要で、多岐に渡るので勉強したいと思ったらきりがないように思う。


今は車椅子の事ももっと勉強したいし、アクティビティの種類ももっと知りたいとも思う。
作業科学や作業行動系理論ももっと勉強したいとも思うし、高齢者の心理やカウンセリングについてももっと勉強したい。


いろいろと勉強したいのだが、人には時間が限られていて、すべての事を完璧にやりこむまでの時間はないのだ。



OTの鎌倉矩子先生が本に書いていたのだけど、一つの事をしっかりやろうとしたら、たいてい10年くらいは、時間かけてやらないと、それなりのものは大成しない。
だから一人のOT人生で、できる仕事っていうのは、2つか3つくらいだ。
鎌倉先生は「手の研究」と「高次脳機能障害」についてちゃんとやった。そんな感じの事を書いていた。


OTの偉い先生方を見ていると大抵その方の専門分野っていうのは、一つか二つかそんなものだ。


欲張っていろんな事にいろいろと手をつけて学ぶのもいいが、
何か一つの事について大きな成果を修めたいのであれば、ある程度自分の関心興味を絞ってそこに自分の力を集中させた方がよいのではないかと思う。



自分はいろいろと勉強したいっていう思いはあるけれど、それ以上に何か一つの分野でいいので、大成したいっていう夢がある。

そんな中でも取り分け「コミュニケーション」っていうものには、とにかく興味がある。

今はこのコミュニケーションについてもっともっと学びを深めて、何か社会に貢献できる事はないだろうかと日々模索している。



自分の仕事上での人生を考えた時、ある程度方向性を定めた方がよいのではないかと思うのだ。


自分はコミュニケーションというものをもっと探求して、コミュニケーションで人が元気になるような臨床っていうのを作りたいと思う。


そして鎌倉先生のいう通り、この課題は10年くらいはかけてやるものなのだと思う。




何か社会に貢献できるようなものを生み出せるように頑張りたいなと思う今日この頃です。




‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

これから行うセミナーのお知らせです。


平成24年9月16日~17日
もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座



http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11270477677.html


コラボセミナー「セラピストのための心の軸作り/治療家生命を格段に向上させたい」を行います!

http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11320989034.html









療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/





実習生旅立つ - 2012.08.18 Sat


今日、今まで私が指導していた長期実習の学生さんの最終日でした。


作業療法の臨床実習は、2ヶ月と長い期間指導をします。

長い期間指導してたので、実習終了となると教えている側としてもなんだか寂しいです。


人に教える事っていうのは本当に勉強になります。


教えるっていう事を通じて作業療法ってこういうものなんだなっていう事がわかるものです。



自分の経験を整理して誰かに伝えるっていうのは大事な事だなと思います。


これからもそういう事をめんどくさがらず、人に教えたり、伝えたり、アウトプットする習慣を続けていきたいなと思います。

訪問OTを始めてそろそろ1年たちます! - 2012.08.16 Thu


訪問OTを始めてそろそろ1年になります。

精神科で、訪問で、作業療法士がどんな事が出来るだろうかと、探り探りで始めたのですが、約1年間続ける事が出来ました。


地域に出てみると、病院の中にいてはわからなかったような事がたくさんありました。


それは地域にも、入院する程じゃないけど、困っている人はたくさんいるのだという事です。


入院する程精神症状が悪くなっている訳ではないのだけど、それでも家に何年も引きこもっていて大変だ。とかそういった方が結構いるものなんだなという事がよくわかりました。


地域で暮らしていて、何年と引きこもり状態で過ごしている方たちと出会ったりすると、
一度入院して、
生活リズムを整えたり、
疾患や薬についての勉強をしたり、
趣味や対人関係を広げたり、
そんな機会を持ってもらうのもよいのではないかと思ったりするのですが、

まだまだ精神科への入院に対するハードルは高くて、
難しいです。


もっともっと精神科に対してポジティブなイメージを世間の人が持てるように、頑張っていかなくてはならないなあと思う今日この頃です。








‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

これから行うセミナーのお知らせです。


平成24年9月16日~17日
もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座



http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11270477677.html


コラボセミナー「セラピストのための心の軸作り/治療家生命を格段に向上させたい」を行います!

http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11320989034.html









療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/


国家試験の勉強しはじめた時 - 2012.08.14 Tue


今回も療法士.comさんのブログテーマにお答えしたいと思います。


今回は国家試験の勉強はいつ頃からやり始めましたかっていうテーマです。


私は、4年生の実習で留年した事もあり、最後の年は不合格だった実習だけいけば、あと何も授業がないような状態で結構暇でした。


なので、9月くらいからダラダラと勉強していたのを覚えています。

友人の中には2月から勉強を始めて受かった人もいましたし、要領のいい人はスゴイなって思いました。


僕らの頃は国家試験もまだまだ簡単で合格率も高かったので、そんな感じでもいけたのかもしれませんね。







ただやっぱり本当の勉強っていうのは、OTの免許をとってからだなと思います。


学生時代の勉強っていうのはただ免許を取るための勉強で、
患者さんのための勉強ではなかったなと思います。


やはり勉強っていうのは、
「この現場を何とかしたい!」
「この患者さんを何とかしなければ!」っていうような問題意識の上に成り立つもので、
そういった問題意識無しにただ知識を身に付くようとする国家試験勉強のようなものは、本当の意味での勉強ではなかったな。
と今となっては思います。



こう書くと、学生さんが読むと、免許をとってからの勉強の方が大変そうって思うかもしれませんが、
そんな事はありません。


私は臨床家になってからの勉強の方が実際的で面白いと思います。


何故、面白いかというと、勉強した事を活かせる環境が、すぐその場にあるからです。
そしていろんな事を試行錯誤しながら働く事が出来るからです。

勉強をした事を実際に試したり、患者さんと確認したりというのは本当に面白いものです。

人間ってスゴイなっていう事を日々感じれる毎日です。




本当の勉強とは面白いものです。



なので、学生のみなさんもつまらない勉強は、国家試験までなので、頑張って合格して、楽しい療法士ライフを送ってくださいね☆










‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

これから行うセミナーのお知らせです。


平成24年9月16日~17日
もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座



http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11270477677.html


コラボセミナー「セラピストのための心の軸作り/治療家生命を格段に向上させたい」を行います!

http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11320989034.html









療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/






理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

詳細に伝えるか?大枠に伝えるか? - 2012.08.11 Sat

人に何かを伝える時、どこまで詳細に伝えた方がいいのか?

どこまで大枠に伝えた方がいいのか?


そういった事を悩む事があります。



物事の抽象度をいかに、目の前にいる相手に合わせて自由自在に変化させて話す事ができるかが、説明の上手い人だなあと思います。




あいまいで大枠過ぎても伝わらない時もあるし、

細かすぎても伝わらない時があります。





良く伝わる話し方というのは、聞き取り手によって、さまざまです。


人はそれぞれ違い、ある人にとってはものすごく細かく詳細に伝えた方が伝わる場合もあれば、

またある人にとっては、あいまいにぼんやりと大体で伝えた方が良く伝わる。

そういう事があるものなのです。


なので、人への伝え上手、話し上手になるには、

どんな人にも伝わるような、話し方のバリエーションを増やす事がとても大切だなと思います。




○○について一言で言えば△△だけど、

それを詳しく説明すれば、□○△□○△□○△□○△と、長々と詳細に説明する事もできる。


そんな伝え方にバリエーションのあるコミュニケーションが取れるようになりたいと思う今日この頃です。



‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

これから行うセミナーのお知らせです。


平成24年9月16日~17日
もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座



http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11270477677.html


コラボセミナー「セラピストのための心の軸作り/治療家生命を格段に向上させたい」を行います!

http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11320989034.html

療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/

人って奥深い - 2012.08.09 Thu


最近、仕事をしながら、人間ってつくづく奥深い生き物だなと思います。


職業柄たくさんの人に出会い、様々な問題を抱えた人に出会いますが、
まだまだ理解出来ないこと、分からないことがたくさんあって、人ってつくづく奥が深いものです。



ところで、
ふと、昔を思い返してみると、
私が高校生の頃、この職業をやろうと決めた時。
人ってどういう生き物なのか?
人の事をもっと知りたいな?
と思ってこの職業を選んだ事を思い出しました。


もう10年も前の事なんですが、
そう思っていたのです。


「昔から自分はそんな事思っていたんだなあ」と気づきました。



そんな事に気づいた時、自分というものが何か一つの糸のようなものでつながっているような感覚を感じて、不思議な感じがしました。





こういった感覚がアイデンティティーという感覚なんだそうです。

例えば、小学生の頃はAって考えていたのに、中学生になったらBって考えるようになって、働くようになったらCって考えるようになったりします。


人は、年齢とともにその時その時で、頭の中で思い描いている事、考えている事は違うものなのです。




それでも幼い頃から共通して思っている事、考えている事。
そういった感覚がアイデンティティーという事なのだそうです。





そんな訳で、自分が昔から人に興味があったというのは、ある種自分のアイデンティティーみたいなものなのかなと思います。


そんな事を考えつつ、人間の奥深さ、面白さをたくさん感じれるこの仕事を大切にして働いていきたいって思う今日この頃です。




‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

これから行うセミナーのお知らせです。


平成24年9月16日~17日
もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座



http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11270477677.html


コラボセミナー「セラピストのための心の軸作り/治療家生命を格段に向上させたい」を行います!

http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11320989034.html









療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/






療法士の新人教育に物申す - 2012.08.07 Tue


今回も療法士.comさんのブログテーマに答えたいと思います。

今回は療法士の新人教育についてという事です。



新人教育。


OT協会などでも新人教育制度などの取り組みがあったり、
最近では医者の研修医制度のようなやり方も検討されているそうですね。


PTOTが資格化されて40年以上たち、これだけ人数が増えてきた事もあり、
療法士の質を上げるためにも今後何らかの教育制度が導入されていくのかもしれません。



協会によって、
教育が義務化されると、療法士の水準の底上げはされると思いますが、
“学ぶ楽しさを感じる”という点では、
少しもの足りなくなるような気がします。


どんな制度が導入されるにせよ、学ぶ楽しさを感じられるような研修が増えるといいなと切に思う今日この頃です。



‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

これから行うセミナーのお知らせです。


平成24年9月16日~17日
もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座

http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11270477677.html


9月30日コラボセミナー「セラピストのための心の軸作り/治療家生命を格段に向上させたい」を行います!

http://ameblo.jp/nlp-ot/entry-11320989034.html


療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

先週のNLP5日間セミナーを受けてから・・ - 2012.08.03 Fri

先週5日間のNLPのセミナーを受けてから、ずいぶん自分の中の体感覚が変わった感じがあります。


前よりももっと余裕を持って患者さんの話を聞けるようになった自分がいるような感じがあります。



NLPの効果というのはなかなか言葉にしにくいものです。

何となく感じる体感覚的な変化があるという感じです。

お腹の周りに何となく余裕の感覚が感じられるようになって患者さんの話が前より聞けるようになったというかそんな感じを感じています。

そんな感じ感じつつ
今月も頑張っていこうと思いますっ



‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

これから行うセミナーのお知らせです。


平成24年9月16日~17日
もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座





療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/

コーチングを受けてみて思ったこと - 2012.08.02 Thu

昨日は、鯨岡さんのコーチングを受けていました。


コーチングを受けてみて、またまた自分のミッションを確認する事ができました。



私は、若いセラピストを元気にする。モチベーションを上げる。そういった事をしたいのだなという事をつくづく思いました。


私が作業療法士になって1~3年くらいの間、困っていたこと。迷っていたこと。
そういった事を解決できるような事がしたいと思いました。



例えばコミュニケーションのこと。


私は臨床実習~作業療法士になって3年くらいの間。ずっとコミュニケーションって難しいなって悩んでいました。
だからこそ今このような形で、人前でコミュニケーションセミナーを開いているのです。


そんな事を再確認できたコーチングセッションでした。



コミュニケーションセミナー以外に、現在、若いセラピストに向けて新しいコンテンツを考えています。


形が出来上がったら、ブログでご紹介したいと思いますので、みなさんお楽しみに~




今日も読んでいただきありがとうございました。





‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

これから行うセミナーのお知らせです。


平成24年9月16日~17日
もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座





療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/

作業療法士の社会的認知は? - 2012.08.01 Wed

今回も療法士.comさんのブログテーマに答えたいと思います。
今回は療法士の社会的認知度は?っていうテーマです。


私が思うに作業療法士の認知度は私が昔作業療法士を目指した頃に比べてずいぶん上がってきたなと感じています。



私はNLPの勉強をしているので、よくNLPのセミナールームで医療職以外の方ともよく出会うのですが、そういった所で出会う方々とも、「作業療法士です」っていうと「ああOTさんなのね」と言われる事が増えたように思います。


この業界もこの10年で一気に有資格者の数も増えましたし、いろんな所で出会う機会が増えたいるのかもしれませんね。







‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

これから行うセミナーのお知らせです。


平成24年9月16日~17日
もっともっと伝え上手になるコミュニケーション術 リハ職のためのNLP入門講座





療法士のための自分軸コンサルティング

個別コンサルティング事業も行っています。

HPにてメルマガ配信しています

http://www.rihacommu.jp/








理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。