topimage

2011-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づくという事 - 2011.11.30 Wed

先日、斎藤先生と行なったセルフマネジメント&コミュニケーションセミナーにて、

参加者の方の一人が「自分のコミュニケーションが今まで何故伝わらなかったのか、よくわかりました☆」というコメントをしてくれました。


こういう感想をもらえて私は非常に嬉しかったです。


私はこういう自分に対する気づきってとても大切だなと思います。


自分が今まで気づかなかった自分に気づくからこそ学ぶ事は楽しいし、もっと学びたいという気持ちになるのではないかと思います。


私自身ももっともっといろいろな事を学んで気づきの多い人生を送りたいなと思います。
スポンサーサイト

どんどん伝達講習してください!! - 2011.11.29 Tue

先日10月30日に、

体とコミュニケーションの新習慣!~健康で長く働き続けるために~


ていう勉強会をしたのですが、


そこでの参加者の方の一人が、職場でその内容を伝達講習したという話題を聞きました。




参加者の大畠先生のブログ


こういう試みをしてくれると、講師としては非常に嬉しいです!!!


私のセミナーを聞きにくれて、更にその内容を自分の職場で広めてくれるとは!

って思います!!


セミナーに参加していただき、更にその内容を誰かに伝えたいという思いになってくれたからこそ、

伝達講習をしてくれたわけで、

このような事があると、自分のやったセミナーが、役に立つという感覚を感じていただけのだな~

というエビデンスになり、非常に嬉しいです!!



大畠先生本当にありがとうございます。



大畠先生に限らず、私のセミナーを受けた方どんどん職場で伝達講習などしてください!!



一人でも多くの方のお役に立てれば、私は嬉しいです。

臨床で今すぐ使えるセルフマネジメント&コミュニケーションセミナー - 2011.11.27 Sun

今日は、埼玉県越谷市にて、作業療法塾の塾長斎藤信先生と、臨床で今すぐ使えるセルフマネジメント&コミュニケーションセミナーを行いました☆


前半は斎藤先生のセルフマネジメントセミナーでした。

私もマネジメントって改めて初めて学び、勉強になりました。

フィッシュボーン。
系統図。
連関図法。
など初めて聞く言葉も多く興味深かったです。
また、セラピストといえども目の前の患者さんだけ見ていれば良いのではなく、自分の病院。そして自分の病院が目指している方向。自分の病院が地域で果たしている役割などを考えなくてはいけないよという話がとても印象的でした。


なんといっても斎藤先生の話題の豊かさ。

病院の診療報酬の話からTPPの話。頚長筋のストレッチの話から動作介助の話まで。
その豊富な引き出しの多さにびっくりしました。







午後は私が、臨床で今すぐ使えるコミュニケーションセミナーを行いました☆


私はまず、NLPの考えに基づいた。VAKのコミュニケーションの考え方をお伝えしました。

人は、コミュニケーションを取る時
V視覚を多く使う人
A聴覚を多く使う人
K体感覚を多く使う人といるという話です。

そしてVAKどの代表システムを使うかによって、話の合う人合わない人といるという話です。


VAKは血液型占いではないですが、血液型占いのような感じがあるので、やはり受けがいい様に思います。
この話をするとみんな自分は何を使っているのだろうとよく考えてワークに取り組んでくれます。


もう一つお伝えしたのは、アズイフフレームという質問です。

アズイフフレームとは、「もしも○○だったらどう?」っていう質問です。


これは「出来ない。」「無理だ。」「不可能だ」などという人に「もしもできたとしたらどうなりますか?」と聞く事で、その方の意識をネガティブな領域からポジティブな領域にリードするための質問です。

使いやすいものなので、お伝えしました。

みな質問される事でモチベーションを上げてくれる様子がよくわかり、アズイフフレームの効果を体験してくれたようでした。





以下参加してくださった方の感想です。

コミュニケーションの取り方学び方を考え直すためのきっかけになりました。相手の理解の仕方など、自分の表現力etc 活かしていきたいと思いました。




コミュニケーション能力を高めたい=自分自身の気付きを増やすことが大切とわかりました。地道に頑張っていきます。
2回目の参加でしたが、また今後機会があればと思っています。ありがとうございました。


杉長先生のセミナーは2回目です。
前回とまた違ったコミュニケーション術を学びました。



実技を多く取り入れて下さったので、体感しながら勉強できました。


自分とそりが合わないと思っていた人の特性がわかった。対応を変えていくことは大変だと思ったけど頑張っていきたい。


コミュニケーションの取り方を感覚の取り方で3分類されることを知り、自分がどのような感覚を優先しているのかを知ることができた。また、それらは他の人にも当てはめることができて、その人に合わせた話し方が大事だと感じる事ができた。



前回の復習のつもりでしたが、それ以上に学びがありました。さらなる質問力の向上を目指して学んだことを実践していきます。



本当にすぐに使える内容でした。また参加したいと思いました。自分のコミュニケーションのとりかたのバリエーションを考えていきたいと思います。



改めて学ばせていただき前回とは違ったポイントで学習することができました。


早速明日から患者さんとの会話に取り入れていきたいです。


以前きもうけたけど忘れていたことも多かったのでいい復習になった。組織内での連携で悩みを持っている方が多く、一匹狼気質の私にはカルチャーショックだった。



患者様とのコミュニケーション 接する方の年齢に差があり、どのように切り替えて接するといいのか悩んでいました。今回のことで言葉のかけ方、話し方、見る視点などを勉強する事ができました。今後「コミュニケーション」で学んだことを活かしていきたいと思います。


いつもは質問する側なので、質問されるのが新鮮だった。


今回のセミナーで、コミュニケーションから相手を良い思いにも悪い思いにもさせてしまうということを痛感しました。
患者様への本音を聞き出せるセラピストになりたいと思います。



何気ないコミュニケーションの中でも色々評価できることが知れて良かったです。



as if の考え、自分になかったので、より作業ニーズを引き出すためにも試してみようと思います。



話し方、聞き方一つで感じ方が違うんだなぁ~と思いました。相手の姿をよく観察して、どう感じてるのか考えながら話しをすすめていけたらなと思いました。









たくさんの方に参加していただき私は本当に嬉しいです。
いつもいつも参加者の方々に本当に感謝です。
参加してくださった方々本当にどうもありがとうございました。



とりあえず今年はセミナー活動はこれで終わりの予定です。

来年は1月9日に単独セミナーをやります☆

臨床で今すぐ使える!! セルフマネジメント&コミュニケーションセミナー - 2011.11.26 Sat

みなさん。こんにちは。療法士成功コンサルタントの杉長 彬です。




この度、作業療法士塾の塾長 齋藤信先生 と一緒に下記のセミナーを行う事が決定しました!!!



題して、



「臨床で今すぐ使える!! セルフマネジメント&コミュニケーションセミナー」です!

コミュ
マネジ




齋藤先生のセルフマネンジメント講座はこのような感じです!




アナタは、治療効果の底上げをしたくはありませんか?


『作業療法学生虎の巻』の著者、齋藤のセルフマネジメント術


○マネジメントって何? マネジメントって、よくわからない。 マネジメントは難しい……

そんな事を、考えていませんか? そして、思い当たることはありませんか?


 病院内で、OTらしい役割って何だろう? 



でも、具体的に何を勉強すればいいのかワカラナイ。



何となくマネジメント的なことをやってきたけど、今ひとつしっくりこない。

マネジメントを部署に持ち込んでも、直接治療の役に立っているのかわからない。


  ですが、ちょっと待ってください。僕ら療法士は――特に僕ら作業療法士には、もの凄く馴染のあることなんですよ。




 しかも、作業療法士らしさを活かすことのできる考え方とテクニックなんです。




 作業療法士としての個別性を上げ、治療効果の底上げができる
マインドを一緒に考えてみませんか?




●皆さん、はじめまして。
 IRA研究会マネジメント講師の齋藤です。
 実は僕自身、マネジメントを始めるきっかけとなったのは、

病院の改善活動を行なっていこう。そんな方針が打ち出されたことに始まります。

そう、受身だったんです。


 ですが、僕はこのマネジメントというものに、

医療の可能性を感じました。特に、僕ら療法士には、非常に親しみがあるんですよ! 



これは、使わない手はないじゃないですか!




 自分自身をブラッシュアップしてみませんか?




そして、私は下記のようなことをやっていきます!




明日から、すぐに使えるコミュニケーションスキルを学んでみませんか??


臨床現場はコミュニケーションの連続です。



コミュニケーションスキルを身につけ、効果的に仕事を進めていくには、

ちょっとしたコツをつかむだけでも、毎日の臨床に肯定的な変化を起こしていくことできます。





これを機にコミュニケーションスキルを磨き、
     一歩先ゆく、セラピストになってみませんか???






私はもともと人付き合いが苦手で、コミュニケーションが下手だと思っ
ていました。



そんな私が「NLP」というコミュニケーションスキルを学んだ事で、

患者様とも他職種の方も、どんな方とも楽に、楽しくコミュニケーションが取れるようになりました。



NLPとは人間のコミュニケーションに関する新しい学問。

人がどのような仕組みで現実を認識しているのかを、神経(人間の五感)と言語の観点から研究したものです。




 自分が普段、なんとなくとっているコミュニケーションのクセを発見し、コミュニケーションの仕方をほんのちょっと変えるだけで、楽しく効果的なコミュニケーションをとれるようになります。






講師 杉長の過去のコミュニケーションセミナーを受けた方の感想


○実際に行いながらの講義でしたので、体感でき、必要性や大切さがよくわかりました。


○正直、コミュニケーションにスキルがあると思わなかった。実体験をし、自身の足りない事を含め
、人と話す時のポイントが整理できたように感じる。


○ワークを多く取り入れており、インプットした知識をアウトプットして使う事ができ、とても充実
したセミナーでした!!今回学んだ知識を日常生活の中で使い、さらに深めていきたいと感じます。


○身障分野の中でなかなか「理論」「体系的」にコミュニケーションを捉える機会が少なく、今回大
変参考となりました。


○量も調度良く、ただ聞くだけではなく、実際にワークなどもあり、楽しかったですし、勉強になり
ました。


○実際に行うと、言葉を学ぶとでは、大きな違いがあると体験を通して感じました。今回学んだ事を
日常生活の中でも使っていきたいと思います。


○大変参考になりました。ありがとうございました。リハビリという関わりの中で、必然的に行う
「コミュニケーション」について再考する良い機会になりました。







☆詳細はこちら☆


日時:平成23年11月27日(日) 10:00~16:30 


内容 10:00~12:30  第1部潜在的なタイムロスを無くすセルフマネジメント術 講師:齋藤
   13:30~16:00  第2部クライアントのモチベーションを引き出すコミュニケーション術 講師:杉長


参加費 3500円


場所:越谷サンシティホール 視聴覚室 〒343-0845 越谷市南越谷1-2876-1
以下の内容を明記して、2011年11月21日(月)までに e-mailにてお申し込み下さい。



申し込み先:irasaitama@gmail.com




 件名 セルフマネンジメント&コミュニケーションセミナー参加希望


 内容 1)参加者氏名  2)所属施設名(もしくは「自宅」と明記)  3)メールアドレス 4)簡単な参加目的
申し込み確認のメールを返信します





皆さんの参加をお待ちしております。

朝活やってます☆ - 2011.11.26 Sat


今朝は早く起きて、カフェでコーヒー飲んでゆっくりしています。

こういう時間に新しいアイディアが生まれます。

私にとって大切な時間です。


明日は、斎藤先生とのセルフマネジメント&コミュニケーションセミナーです。

モチベーションが上がってきました☆

私は参加者の成長のために最善をつくしていきたいなって思います。

掃除で身軽になる感覚 - 2011.11.24 Thu


最近、職場の大掃除をたくさんしています。

仕事場というのも、案外、物が溜まる場所です。

特に作業療法士は、アクティビティを用いる関係でいろいろな創作関係のグッズがどんどん溜まってきます。


いつか使うだろうと思ってとっていると何年も使わないでいるような状況になることがあります。


特に買ったけどまったく買わなかったというのは、なかなか捨てにくい。

だけど買っても2、3年間使わなかったのであれば、残しておいていてもこれからも使わない可能性が高い。

だからこそ捨てた方がいいのだけど、何だかまったく使ってないだけ捨てるのがもったいない感覚になります。

こういう時、私の同僚にスパッスパッと捨てれる方がいて、彼の様子を見ているとすごく勉強になります。


彼は、私が捨てるかどうするか迷うものでも、気持ちよいくらいスパッスパッっ判断して捨てられるので、
「すごい」って思い、まず私も彼の動きだけでも真似してみようと思い、彼のように物を片付けしてみました。



そうしてみるとわかった事は、
捨てる事は、もったいない事なのではなく、
執着心を捨てて、身軽になることなのだなという事が、身体で理解できる瞬間がやってきました☆




これは私にとっては新鮮でした。

掃除=めんどくさい
掃除=もったいない

であった私にとって
掃除=身軽になる事

という新たな公式が手に入ったようで、価値観が変わりました。


そんな事を思う今日この頃でした。

NLPソマティックシンタクス - 2011.11.23 Wed


今日もNLPの勉強会にいきました。


今日のワークショップのテーマは「ソマティックシンタクス」でした。

ソマティックシンタクスとは心と体のつながり深め、そして、利用する方法です。




動作や感覚を通して、自分の深層部にどんな体験があるかを知る。
体を使う事、体を動かす事によって、無意識の部分にあるメッセージを受け取るといったような事をしました。


今日はオステオパシーの考え方とNLPを融合したワークや
東洋医学の陰陽論の考え方とNLPを融合したワークなど、新鮮なワークがたくさんあり、非常に面白かったです。


身体というのは非常に有益なメッセージをくれるのですね。

面白い一日でした☆

ここからが勝負!残り3ヶ月の国家試験対策の秘訣は? - 2011.11.22 Tue

ここからが勝負!残り3ヶ月の国家試験対策の秘訣は?



今回の療法士.comのテーマです。




懐かしいですね。国家試験。




私は残り3ヶ月は、とにかく、解剖学、生理学、運動学、基礎医学、などの基礎的なことばかり、集中的に勉強したように思います。





あとは、よくファミレスで勉強していましたね。



ガストによく行ったなあ~~


NLPマスタープラクティショナーコースを終えて思う事 - 2011.11.21 Mon


昨日、NLPマスタープラクティショナーコースの全課程を完了しました。


私が初めてNLPを本格的に学び始めたのは2009年6月のNLP研究所コミュニケーションビジョンセミナーからでした。


そしてNLPプラクティショナーコースを2009年9月~2010年2月まで受け、さらにそのまま連続で、2010年3月から、昨日2011年11月20日までNLPマスタープラクティショナーコースを受けました☆


NLP関連の様々なセミナーを通算すると60日以上もNLPのセミナーを受けた事になります。

自分のお金と自分の時間を使って、こんなにも一つの事に自己投資したのは初めての事です。


本当に密度の濃い2年半でした。



人の成長をサポートする人の暖かさに何度も出会いました。

これほどまでに暖かい学びの場が日本にあったのか!って思うくらい深い体験でした。



これからこのNLP研究所で、体験した暖かい学びの場を、自分の周りの空間でも作れるように、頑張っていきたいなって思います。


今日はNLPマスターコース最終日! - 2011.11.20 Sun


今日はNLPマスターコースの最終日でした!

2年間。

計32日間通った、NLPマスタープラクティショナーコース!

今日で本当の最終日です。


今まで、学んだ経験。たくさんの仲間たち。
NLPとともに変わっていった自分の日常生活。

色んな事を思い出して、感激。号泣の一日でした☆


NLPの勉強はコミュニケーションスキルが身についた事も良い事ですが、
素敵な仲間たちといっぱい出会えた事も、
本当に素晴らしい私の宝物です。





本当にいい時間でした。



スカイプ勉強会! - 2011.11.17 Thu




今日はスカイプを使ってのコミュニケーション勉強会を行いました☆


スカイプを使ってどこまで、できるかかなり、最初は手探りだったのでしたが、
毎回やる度に良かったな~楽しかったなと思います。

今回は、「アズイフフレーム☆可能性を広げる質問」というテーマで行いました。



アズイフフレームとは、

「もしも~だったら?」っていう質問の事です。



この「もしも~だったら?」っていう質問をする事で、

人の意識を「できない」から「もしもできたら?」とポジティブな方向へ意識を変えていく事が出来ます。





参加してくださった方々皆納得していただき、さっそく日常で使ってみると行ってくださった事が非常に嬉しかったです。

こういった時間を共にしてくれた仲間に感謝です。

下記に参加してくださった方の感想をシェアさせていただきたいと思います。







理学療法士 Aさん
先日はどうもありがとうございました。遅れしまいましたが感想を書かせて頂きます。
前回に引き続き参加させて頂いて、今回はas if法について勉強させてもらいました。
今回のは対象者の言葉に隠されている本当の思いや考えを引き出すだけでなく、プラスの擬似体験をする事でモチベーションを高める事もできるというものであり、他者だけでなく自分に対しても有用であるとのものであった。その点に関しては日々仕事をこなして行く中で、目標はあるがどうしてモチベーションに波があり仕事の質にも影響してくる部分を以前から気付いていたため、まずは自分のセルフコントロールとして使ってみようと思いました。今回も刺激的な内容で大変勉強になりました。また次回もよろしくお願いします。





理学療法士 Uさん
杉長先生
先日のスカイプ勉強会ありがとうございます。
さてスカイプ勉強会の感想ですが、
僕はコミュニケーションについて学びたいと思っており、
今回はじめてそのような機会に触れることができました。
今回のテーマである「AS IF フレーム」は、もし◯◯、という言葉を使うことによって、未来の良いイメージをふくらませたり、
◯◯だとしたら、によって相手が心のうちでどんなもの大切にしているかを知る方法でした。
「◯◯しなければならない」「◯◯すべきだ」と言っている人に対して、その人がどんな思いを大切にしてるのかを知ることできたり、自分に対して用いることで良いイメージを持ったり、不安を解消できるのではないかと思いました。
本当に明日から使える知識で、即実行に移したいと思いました。
今後もスカイプ勉強会参加させてもらいたいと思っています。是非ともよろしくお願いします。


作業療法学生Kさん
 今回も、参加させて頂きありがとうございました。目標で積極的と言っていたのに、電波の関係で聴きとれず、話すことができていなかったのが残念でした。しかし、今回の内容を学生生活面で上手く利用していくことができたらなと思います。AS IFの質問などを用いて相手に成功のイメージを持たせるということを行い、グループ内のモチベーション向上も図っていきたいと思います。そのため、まず自分から負の連鎖を断ち切ろうと思います。国家試験という今まで経験したことのない為、不安要素は多くありますが、逆をとると、やったことが無い為結果はだれにもわからないということであると思います。そのため、自分の意欲を向上させていくことが、国家試験に受かる為に必要となってくるのではないかと感じました。
 今回までの感想として、会話とは人と人との繋がりを作るものであると共に、相手の深層部にあるものを上手く引き出すことが信頼関係の構築に繋がっていくのだと感じました。しかし、信頼関係が壊れる場合もあると今回学ばせて頂いたため、使用するのは気を付けるようにします。
 次回の勉強会も宜しくお願いします。ありがとうございました。






理学療法士 Fさん
杉長先生。今日はありがとうございました。
今回はメタモデルやAs if フレームについて講義していただき、その方が発する言葉(~すべきだ、~は出来ない)の
深層部に隠れている原因や思いなどを引き出す手がかりを学べました。
また、うまくいっている未来のイメージをふくらませる魔法の言葉であるAs if ということを使っていくことで、自分自身の
モチベーションの上げたや保ち方、否定的な考えを持っている方への気づきや発想の転換などに対して今後活用していきたいと感じました。
また、次回もよろしくお願いいたします。





以上です。みなさん。ありがとうございました。

夢を語る事の楽しさ - 2011.11.15 Tue


最近、職場の同僚と、将来の夢を語り合う事が多くて、楽しい時間を過ごしています☆


単純な事ですが、
困っている事をあれこれ話すより、
将来の夢についてあれこれ話し合う方が断然楽しい気持ちになります。


そしてなんといってもそういう事を聞いてくれる仲間がいるというのはすごく大切な事です。


聞いてくれる人がいるからこそ、夢を描いてますますポジティブな気持ちになれるものだと思います。


そういう意味では、いい人間関係に恵まれているなあとつくづく思う今日この頃でした~

写真はお好み焼きです。私のお好み焼きは、生地に水をいれないのがコツです。
小麦粉と玉子だけで生地をつくる事で、べちゃべちゃになりません。

ソーシャルメディア活用術 - 2011.11.13 Sun


土曜日は療法士.com主催の「ソーシャルメディア活用術」セミナーにてゲストスピーカーとしてお話ししてきました☆



ソーシャルメディア活用術セミナーとは、
ソーシャルメディアプロデューサーの久野雅巳先生と
クジラオカコーチングオフィスの鯨岡栄一郎先生と
療法士.comの山田真伸先生
の3人で結成された療法士のためのソーシャルメディアの使い方についての勉強会です。



メイン講師の先生方の話は3人とも面白かったです。

久野先生は、twitterを使ってのいわき市の町おこしをされているのですが、twitterやfacebookの持っている共時性の面白さを話して貰えたように思います。


つまり、同じ時間にtwitterを見ている人同士でのやりとりの面白さ。

日本中どこにいても、インターネットさえつながっていれば、コミュニケーションがとれる面白さ。

そんな面白さについて教えてもらえました。


鯨岡先生からは、療法士についてのブランディングについて教えてもらえました。

webを使ってどんな自分を、どんな自分ブランドを作っていくか?っていう話でした。


何を人にアウプットしていきたいのか?
ソーシャルメディアを使ってどうなりたいのか?


そういう事を考えさせられる内容でした。



最後の山田先生の講演は人脈について考えさせられる内容でした。

特に膨大なお問い合わせリストをエクセルで管理している様子はかなり勉強になりました。
過去療法士.comにお問い合わせしてくれた方をエクセルの表にして管理しているそうです。


これはすごいなって思いました。


こうやって人脈リストを作っておくと、何か困った時など、人脈リストの中から、適切な人材を見つける事が出来るのだそうです。

これは本当にすこいと思いました☆


ちなみに私は埼玉のご当地スピーカーとして話させていただきました!!


題して、「私のソーシャルメディア活用術~何気ないアウプットからつながる可能性」
です。

かなり私の個人的なmixiやブログ、you tubeとの付き合い方についてお話しさせていただきました。


ブログやmixiを始めて、早5年。

こういったソーシャルメディアを使って自分がいかに人脈を作り、チャンスを作ってきたか。
そして自分の事をアウプットし続けた事によって、自分の中にある価値について、どのように気づいてきたか。
そういう事について話してきました☆


この日の私のテーマは「コミットメント」はスピーカーとして、目の前にいる聴衆を「楽しませる」「勇気づける」という事をコミットメントし続けてお話ししました。


そうしたら、話し終わった時
「面白かったです☆」とか
「自分でもソーシャルメディア使えそうって気持ちになりました。」
などの感想が聞かれてすごい嬉しかったです。



夢の広がる楽しいセミナーでした☆

将来を不安がるのではなく、夢を描こう! - 2011.11.12 Sat


PTOT業界にいると、将来に対してやたらと不安になる気持ちになる事があります。


こんだけ、PTOTが量産されて、若い優秀なセラピストが出てきたら自分は必要なくなるんじゃなかろうか?

とか、

医療費が削減されていってどんどんPTOTの給料は減っちゃうんじゃなかろうか?

とかね、、、


そういう事考えたりする不安になったりしますが、、


最近、あんまりそんな事考えていて不安になっていても、キリがないなって思うようになりました。




不安の気持ちというのは、ネガティブなエネルギーを持っています。


頭の中でそんな不安を描いてぐるぐるやっていると、本当にその不安が現実になってしまうっていう事もあるかもしれません。



頭の中で描いた事は、現実になるっていう事がよく言われています。
頭の中に不安を描いて、ネガティブな将来を想像していると、本当にネガティブな現実がやっているという事はあります。

頭の中にポジティブなイメージを描いて、楽しいイメージをしていると楽しい未来が手に入るんじゃないかなって思います。




将来に対するリスク管理はある程度必要かもしれませんが、リスクばかり考えて、不安の渦の中にいたら、なかなか創造的なアイディアは生まれてきません。


そう考えると、
もっと自由にいろいろな未来を想像してもいいのかもなって思うようになりました。


例えば、PTOTがもっと政治の世界に出ていくとか、
PTOTが産業医ならぬ産業リハみたいな感じで企業に出ていくとか、

PTOTがもっと駅前にサロンを開業していく人が増えていくとか、、

PTOTから作家になる人が増えるとか、、、



なんかいろんな妄想を膨らましていると楽しくなってきます。


自分はどんな未来を作っていこうかなっとワクワクしてきます。



今日は、療法士のためのソーシャルメディア活用術セミナーでした。

療法士のソーシャルメディアの活用法を考えているうちに、色んな妄想が膨らんで、楽しい一日を過ごせました☆

やりたい事ができているありがたさ - 2011.11.11 Fri


最近は、自分でセミナーを開催したり、

自分が行きたいセミナーに好きに行ってみたり、


かなり自由にやりたい事ができているなって思います。


それもこれもやっぱり周りの人たちのおかげだなと思う。


セミナー開催も来てくれる人がいなければ成り立たないし、
そんな事をする私を「頑張ってね☆」と言ってくれる妻の存在もありがたいものです。


また、職場の人たちも、みんなポジティブな人が多く明るい雰囲気なので、私も仕事でさほどストレスが溜まる事なく、休日も好きに勉強会とか参加できているんだなと思います。



本当に恵まれた環境に居させてもらっているなあと、感謝の毎日です。



やりたい事をやるっていうのは、すごくシンプルな事ですが、

一人だけではできないものです。


必ず周りの誰かの支えがあって、自分のやりたい事ができているなあと思います。

こういう気持ちを大事にしたいなって思う今日この頃でした。

秩父でのコミュニケーションセミナー - 2011.11.11 Fri

昨日は鈴木康夫さんにし企画をしていただいたおかげで、

秩父でコミュニケーションの講師をさせていただく事ができました。

本当にみなさん熱心に聞いてくださり、私にとっても非常に学びのあるセミナーでした。



みなさん本当に勉強熱心で素晴らしいと思いました☆


たくさん集まっていただき、総勢80人くらいの方にきていただけた事になります。



これだけ数多くの方に聞いていただけ非常に貴重な経験でした☆



第1部は「チームワークの良くなるコミュニケーション術!」という事で、お話させていただきました。

人とラポールをかけるための会話のテクニック

バックトラッキング

ミラーリング

ペーシング

についてご紹介させていただきました。

そして、実際に二人組でのワーク☆



ものすごい盛り上がりました!!

やはりラポールのテクニックを使って会話をすると話が楽しくなって盛り上がりますね☆




第2部は、「リハビリ職者のためのコミュニケーションスキル」について、お話させていただきました。



今回は、人の話の深層部を聞くための質問スキル「メタモデル」についてご紹介いたしました。



その後、メタモデルを使って人の話を聴く、ワークを行いました。



みなさん、質問をすることの奥深さとコミュニケーションを楽しんでいただけたようでした。





参加してくださったみなさん。本当にどうもありがとうございました。



あと、秩父の方にたくさんお会いして本当に素晴らしい事だなと思った事がもう一つあります。
それはみなさん「秩父を愛しているんだな」っていう事です。


郷土愛の良さを学びました。

みなさん本当にどうもありがとうございました。039.jpg
040.jpg



参加者の方から感想をいただきました。




○話の途中に姿勢を変えたことに意図があるとは思わなかったです。
先生のジェスチャーも注意深く、見ていましたが、非常に親しみやすいというか
理解してくれているなと見ていて感じました。




○メタモデルを実際に行ってみて、難しさを感じました。元来口下手という意識があり、
会話がうまくいかなったように思います。
今後上記の意識を変えていく事が大切な事だと思えました。


○質問(ガイド)役をした時、クライアントを誘導しそうになってしまいました。
またクライエントの話し方が具体的であったため、ポイントポイントがつかみにくく苦労しました。

無言の時間ができてしまい、焦ってしまいました。

難しかったですが、楽しい研修会でした。




○NLPの理論ということでは、意識をしたことはあまりなかったですが、発せられる言葉の意味を理解する事や察する事の大切さを
日頃感じられる事が多いので、あえてテーマをあげてもらったのが良かったです。
講師の方の(杉長先生)の雰囲気が温かく、研修内容をより良く聞く事ができました。




○ありがとうございました。
講義から頭では理解できていても
実際にtryしてみると、話の流れを理解しながら
順序を整理しながら質問を考えるという同時作業は
難しく感じられました。
普段の会話から”聞き役”に徹してみたいと思います。




○この先が知りたいです。機会があったら受講します。
とても勉強になりましたありがとうございました。


○メタモデルの話を聞いた時に、確かに話す時は、省略したり、一般化してしまうと思った。
そこから得たい情報を得る為の方法を少しずつ身に付けていきたい。
改めてコミュニケーションの重要性、難しさを実感しました。


○会話やコミュニケーションの大事の事は経験から知っていますが、NLPを勉強した事が、(さわりだけでも)大変興味を持ちました。
もっと勉強します。




○具体的にデモを行っていただき、体験させていただけたので、わかりやすかったです。
非言語的なコミュニケーションに使える方法などを知りたいです。


○自分の問題を他者に話す事はあまりなかったので、新鮮でした。
質問をすることの困難さを体感しました。


○コミュニケーションの勉強会というものは、あまりないので、
とても勉強になりました。明日から使える場面では使っていきたいと
思います。コミュニケーションの難しさがよくわかりました。

○実際の場面でもNLPをどこか念頭に置きながら、患者さんとコミュニケーションをとってみたいと思いました。
今後も患者さんと信頼関係が築けるように意識しながら努めたいと思います。


○いざやってみると難しいという事が一番の感想です。
ただおもしろかったので、日常で少し意識してみたいと思いました。


○メタモデル省略の5つのパターンを使用した演習で、実際に意識して質問してみると難しさと会話の面白さを感じました。
相手が答えているのを待ちながら部分があるので、改善して、しっかり話を聞けるようになりたいと思います。
貴重なお話をありがとうございました。


○セラピストと患者(利用者)との関係では、ついついセラピストが主導権(会話の)
を持ってしまうことが多くなってしまうのでは?と気付かれました。
また後輩への指導でも同じ問題があると思いました。この事を考えると聞き役にまわる努力をしょうと思うのですが、つい誘導尋問になってしまいます。
すると、相手の個性を殺してしまっていないか不安になります。
お忙しい中、貴重な講演ありがとうございました。


患者さまに生かされているのは治療者の方っていう話 - 2011.11.10 Thu


医療職やっていてたまに思うのは、
患者さんがどんどん元気になっていき、この世の中に病気というものがなくなってしまったら、
我々医療職の仕事もなくなってしまうという事です。



人が病気になるという不幸があるからこそ、なりたつのが我々医療職のお仕事。


つまり患者さんがいてからこそ、私の生活って成り立っているんだなと、今日は改めてそんな事を思いました☆



だからこそ患者さんに精一杯できる事をしていきたい。
そんな事をシンプルに思う今日この頃でした。

魔法の言葉 - 2011.11.09 Wed

へこんでいる時に、
誰かがかけてくれたちょっとした一言で、気持ちが急に元気になったみたいな経験をした事ってありませんか?


私は、こういう時の一言って魔法の言葉だなって思います。


私は、作業療法士。
セラピストの端くれですので、一言で人の気持ちを切り替えれるような、そんな魔法の言葉を話せるようになりたいなとよく思います。



今日は、患者さんとレクをしたら、同僚から「杉長さんのレクは、なんだかファンタスティックですね☆」と誉められました。


何がどうファンタスティックなのかは全然わかりませんでしたが、
そう言われて、なんだか嬉しい気持ちになったので、これも魔法の言葉なんだなって思いました☆


今後は、私もこういう人を嬉しい気持ちにさせる魔法の言葉をたくさん話して、徳をつんでいきたいものです。

剣道日記95 - 2011.11.09 Wed

今日も剣道しました!!やはり攻めが難しい。

なかなか極意がつかめません。。。

内なる美徳を呼び起こすバーチューズワークショップ2日目 - 2011.11.06 Sun


今日も、「内なる美徳を呼び起こすバーチューズワークショップ」に参加してきました。
木曜日と今日とで2日間のワークショップでした~


「バーチューズプロジェクト」というのは、5つの戦略というのがあるのですが、前回その戦略のうち1~3まで行い、今日は4と5の戦略を学びました。

まずセミナールームの近くに大聖堂があり、そこで瞑想のような事をやり、本当の自分の声を聞くというワークをしました。


その後、バーチューズプロジェクトのカウンセリングのワークを行い、最後にスプリットという劇を作ってみんなで演じるというワークを行いました。


今日は身体を動かすものが多く、体感覚の強い私は、ワークを楽しめました。


やはりセミナーは身体を使って学ぶものが一番良いなと思います。

この2日間で、バーチューズプロジェクトというのがなんとなくわかりました☆


バーチューズプロジェクトとは、人が必ず持っている美徳に気づくためのツール。

そのために美徳の言語を使って人と話をしたり、人の美徳を承認して伝えたりする。

そういうツールという感じだと思いました。


コミュニケーションをテーマとする私にとって必ず私のコミュニケーション力をアップさせる事のできるものだなと思います。


まずはバーチューズカードを毎日ひいて、美徳の言語に慣れ親しんでいきたいと思います。



写真はバーチューズカードです。

一枚一枚に美徳の言葉が書いてあって読むと気づきが引き出されます。

内なる美徳を呼び起こすバーチューズワークショップ - 2011.11.03 Thu


今日は、「内なる美徳を呼び起こすバーチューズワークショップ」っていうワークショップに参加してきました。


これは「バーチューズプロジェクト」のワークショップです。

さて、「バーチューズプロジェクト」とは何かと言いますと、

バーチューズとは「美徳」の事。

人が誰でも持っている美徳を呼び起こす事によって、その人のベストの自分を発揮し、ベストの人生を生きるお手伝いをするのが、このプロジェクトという事なんだそうです。



具体的には「愛」や「情熱」「誠実」や「親切」など、52個の美徳の言葉があるとされ、その美徳の言葉を使って人とコミュニケーションをとったり、
その美徳を人の振る舞いから見つけてお伝えしたりっていう事をするみたいです。




バーチューズプロジェクトには、バーチューズカードというものがあります。

これは52個の美徳について、52枚のカードに一つずつ書いてあるものです。


これがオラクルカードみたいで面白いなと思いました。



まああんまりうまいこと説明出来ないんですが、とにかく人のいい所を見つけて承認する。

また、人に何か変化を促していきたい時には、ダメ出しとか、説教をするのではなく、
美徳の言葉を使って、人を導く。

そういうコミュニケーションが取れるようにしていくツールのようです。


まだまだ私も理解が足りない所も多いですが、また日曜日にもワークショップに参加するので、そこでもう少し理解を深めていきますっ

80歳90歳の人の気持ち。本当はどうなのか? - 2011.11.02 Wed


80歳や90歳まで自分が歳を取ったら、いったいどう感じるんだろう・・・?


たまにそういう事を本当に不思議に思います。


私はNLPを学んでいたり、人間作業モデルを学んだりしている経験から、
「その方にとって本当に本当にしたい事ってなんだろう?」
って観点から人と関わっています☆


必ず人はいくつになっても何かアウトカムを持っているのだとそう思って関わっています。



今は、病気の影響で元気がなくって、「何もする気がない」
そういう状態になっているかもしれないが、
きっとこの人にとっても何かやりたい事。大切な作業。があるハズだという観点で関わっています。





それでも、「もう歳だし、死ぬだけだし、特にやりたい事は本当にない。」って言われる事も多々あります。



そういう時、

「そうなんですね・・」と、受け取りつつも、
また折を見て、「何かやってみたい事とか、これからの抱負とかありますか?」ってな具合にアウトカムに焦点を当てた話をしたりしています。





それでポツリポツリと自分のやりたい事を語る方もいます。

そうでない方もいます。






私は自分の経験したことならわかるけど、経験した事ない事は本当にわからないなと思います。


80歳90歳になった時の人の気持ちというのは、本当の意味ではやっぱりわからない。


病気は治る事はあるけど、
80歳90歳の人がこれから30年くらい生きるというのは絶対にありえない事だからです


人生の終焉が近くなった人の気持ちというのは本当の所は自分にはわからないです。

でもわからないながらでも、なんとかそういう人にも希望とか夢とか持って欲しいと思っている自分がいます。

それはもしかしたら、自分もいずれは歳をとるので、いくつになっても、人は夢を持てるんだと自分にもいい聞かせたいのかもしれません。



先の事はわからないけれど、やっぱり自分はいくつになっても夢を持ち続けていられる人生を送りたいなと思います。


そしてそういうサポートがし続けられたらいいなって思います。





今日はあまりまとまらないのですが、そんな風に思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。