topimage

2011-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OTスカイプ勉強会 - 2011.05.31 Tue


さる5月26日の日にOTスカイプ勉強会という
スカイプ上での勉強会を行いました。



勉強会でのテーマは、『NLPについて』っという事で、私が事前に参加者にお渡ししたレジュメをもとにNLPについてのお話などをしました。




スカイプとレジュメだけでも結構いろいろと面白い話ができて、非常に勉強になりました。



特にスカイプだと日本中どこにいてもコミュニケーションがとれるので、日本中の意識の高い人と勉強ができて良いです。


今後このようなスカイプ上での勉強会もたくさん行っていきたいなと、計画しています。

いろいろと楽しみになってきました☆
スポンサーサイト

自問自答と人から質問されるのでは、全然違う - 2011.05.30 Mon


今日は、職場の同僚から、

『杉長さんは何故、そんなに勉強するのですか?』

と聞かれ、その事でかなり大きな気づきがありました。



私は、一ヶ月に2日は必ずNLPの勉強会があり、それ以外にもちょくちょくNLPの勉強会に行ったり、NLP以外の事も学びに行ったりと、
かなりたくさん勉強会に行っているなと思います。



自分でもよく『何故自分はこんなに勉強会ばかり行くのだろう?』
と自問自答するのですが、


自問自答する事よりも、人からストレートに聞かれる事の方が、
かなり深いレベルで気づきが起こるなと感じました。



『何故』という質問はNLPでは、『信念・価値観』を聞く質問とされています。

私はこの『何故?』という質問を人にされた事で、
ようやく自分の信念・価値観に気づく事ができました。






私は、勉強し続ける事で、自分のオリジナルの手法をあみだしたいと考えているのだと気づきました。

私の価値観には『創造性』や『個性』『オリジナリティー』といったものがあるのだと思います。


この『創造性』や『個性』『オリジナリティー』を発揮するために、自分はNLPなどの心理療法を学んで、どこかで自分独自の手法を作り出したい。
そんなふうに考えているんだなと、ふと気づいたんでありました。


ただこの事に気づくのに、やはり人から質問された事が非常に良かったなと思ったのです。


普段からこの事は自問自答していた事ですが、人から聞かれた事で、ようやく自分の深い所から答えが出た。
なんだかそんな印象をもちました。


やはり人と会話をする事って大切ですね。





NLPアセスメント講習会 - 2011.05.29 Sun




今日はNLPアセスメント講習会に行ってきました。


NLPアセスメント講習会とは、NLP研究所のβコースのアシスタントトレーニングに入る際に、受講生に渡すアセスメントシートの書き方を習う勉強会です。




アセスメントシートとは、受講生の行うNLPカウンセリングを見て、良かった所と、さらなる改善点を、受講生の成長のために書くといったものです。





今日は、初めに自分のカウンセリングをビデオに録画して、観察のポイントを教わる所から始まりました。


それから他の人のカウンセリングも見て、実際にアセスメントシートを書いてみたり、
受講生に口頭でフィールドバックする練習をしたりしました。






NLPのVAKの観察。いつどの代表システムを使っているのか?
そしてニューロロジカルレベルの聞き分け方については、本当に奥が深くて、勉強すればするほど、
NLPって面白いなあ~って思います。



もっともっとカウンセリングスキルを磨きたいっ!!


今日はそんな事を強く思った一日でした。

言葉はウイルスだ - 2011.05.28 Sat

以前、ソリューションフォーカスブリーフセラピーの勉強会に行った時、


そこで教えてくれた田中ひな子先生が、『言葉はウイルスだ』という言葉を紹介してくれた事が、すごく印象に残っています。



これは、言葉というのはウイルスのように伝染して広まるという事です。


悪い言葉を使えば悪い言葉はウイルスのようにそこらじゅうに広まるし、


良い言葉を使えば、良い言葉もウイルスのようにそこらじゅうに広まっていきます。




私はその時から『言葉はウイルス』という言葉が、自分の中に妙に引っかかって、ずっとその事を考えてきたなと思います☆



私たちは、職場であったり、家族であったり、友人とのつながりだったり、趣味の仲間であったり、様々な人とのコミュニティの中で過ごしています。


その自分の所属しているコミュニティの中で自分がどんな言葉を使うか?


自分がそのコミュニティの中でどんな言葉を使うかで、そのコミュニティの中で使われる言葉が変わってきます。

ポジティブな言葉を使えば、ポジティブな言葉がたくさん使われるコミュニティになりえるし、


ネガティブな言葉をたくさん使えば、ネガティブな言葉がたくさん話されるコミュニティになりえます。


なのでポジティブな環境で過ごしていきたいと思えば、まず自分からポジティブな言葉をたくさん使い、
ウイルスのようにポジティブな言葉を自分のコミュニティに広めていけばよいのです。




ここで、たかが自分一人が言葉使いを変えたって、周りの環境が変わるハズもない
と思うかもしれません。


しかし、言葉の伝染力というのは、あなたの思っている以上に強力です。


一人が意識して言葉の使い方をポジティブにするだけで、周りの環境に与える影響力は、かなり強力で、それこそウイルスのように広まっていくのです。



たしかこんな話をそのソリューションフォーカスの勉強会で聞いたのだと思うのですが、
この話が自分にとっては今でも強烈に印象に残っています。





私は、ポジティブな言葉をこの世の中に広めていきたい。


そして、まずは自分の属しているコミュニティから、そうしていきたい。

そんな事を思う今日この頃です☆

アウトプットの法則 - 2011.05.27 Fri


最近は、アウトプットの法則というものが気に入っています。



これは、レイキカウンセラーの矢尾こと葉さんの本を読んだら書いてあったのですが、

今の自分にまさに適している言葉ですごく気に入りました。



知っていることを人に伝えましょう。

できること、人にしてあげましょう。

あなたの持つ能力やテクニックを、人のために活かしましょう。


すると、あなたには必要な情報、新しいアイデア、すばらしい出会いがもたらされます。

とくにあなたが、社会に出て五年以上たっていたり、20代の終わりにさしかかっているなら、これからは本格的なアウトプットの時代のはじまりです。



社会人になりたての頃はたくさんの事をスポンジのように吸収していきます。

でも、何年か働いて、ふと気が付いたら、何だか物足りない。

そんな時、私たちは、新しい趣味を始めたり、何かをさらに勉強し始めたり、しがちです。


でも、本当に必要なのは、入れることではなく、出すことなのです。
『アウトプット』のタイミングが来ているのです。


アウトプットのあとには、豊かなインプットが約束されています。

『自分を浄化する方法 』矢尾こと葉



これはかなり面白い話でした。



自分もOT6年目。

まさにアウトプットの時期が来ていると思います。
まずは、今後も勉強会をちょくちょく開催していこうと思います☆

柔軟性を手に入れる質問 - 2011.05.26 Thu



NLPを学び始めてから、かなり考え方が柔軟になってきてなと感じています。





NLPを学び始める前は、
『○○しなければならない。』

『○○すべきである。』

という考えがたくさんあって、

その考えが、自分の発想の幅をかなり狭めていたなと思います。




『○○すべき。』
『○○しなければならない。』
というのは、
NLPでは、必要性の叙法助動詞って言われるもので、

『もしあえてそうしたらどうなりますか?』
『もしあえてそうしなかったらどうなりますか?』

などの質問をして、
色んな可能性を探っていく質問をする事ができます。






私は、就職して、1~2年。
『患者さんに作業療法をする時は、最初にしっかりと患者さんの評価をしなければならない。
患者さんの問題点や全体像をしっかり把握してからでないと、治療にとりかかってはいけない。』


という考えにずっととらわれていました。



それが自分が養成校で教わってきた作業療法でしたので、そういうものだと思っていたのです。




しかし、精神科で多くの患者さんを集団で見ていた自分は、当時なかなか一人一人、しっかりと評価計画をまとめてから、治療にとりかかるという事ができていませんでした。



そんな自分は、自分の事を認められず、自分のやっている事にも自信が持てずにいました。


今思えば自分の考えにとらわれて、
自分で自分をかなり窮屈にしていたなと思います。




でも、最近は、NLPのメタモデルの質問を知っているので、

『もし、あえて患者さんを、最初に評価しないで、関わるとしたらどうなるんだろう??』
と考えるようにしました。


『あえて評価という視点を持たずに人と関わるという事。』

その可能性を考えるようにしてみると、逆に面白い視点に気づく事ができました。




人を評価してから関わるのではなく、
まずその人そのものから関わっていく。
そして、その人の健康的な所から関わっていく。


そういった関わり方も、人間的で自然体な感じがして、いいなあと思えるようになりました。

そういった関わりの方がその人のいい所がたくさんわかる。
そんな感覚がありました。


そういった関わりを通して、
関わっていくうちに
その方が『○○に困っている。』
『○○が問題。』
っていう事が評価できるようになれば、
その事について関わっていけば良い。



そういうスタンスも素敵だなぁと思えるようになりました。





別にこれはどちらが良くてどちらがダメと言っているのではありません。




最初に評価してから関わってもいいし、
関わりながら評価していってもいい。


なんだかそんな柔軟性を自分が受け入れられたようで、
すごく自分の働き方が楽になったなと思います。




今から思えば、
『患者さんに作業療法をする時は、最初にしっかりと患者さんの評価をしなければならない。』
と強く強く思いこんでいた1~2年目の頃の自分は仕事に全然自信が持てず、
なんだか仕事も嫌な事が多いと感じ、
自己否定、職場否定の気持ちが大きかったように思います。



そんな自分も
『あえて評価という視点を持たずに人と関わったらどうなるんだろう?』
という視点持つ事で、
ぐっと考えの幅が広がって、仕事が楽しくなったきたように思うし、以前より自然な形で人の評価ができるようになったように思います。


柔軟性を持つこと、
選択肢をたくさん持つを大切にしていきたいなと思う今日この頃です☆


他人と自分を比べてしまう時にする事 - 2011.05.25 Wed


作業療法士として働いていると、同世代の作業療法士と比べてしまう時があります。





自分より、患者さんとの関わりが上手い人。

自分より、頭が良くてたくさん学会発表とかしている人。


自分のできない、テクニックを用いて患者さんを治している人。


いろんな人に出会う度に、
自分より優れているなあと感じて、
『自分はまだまだだなぁ』と落ち込みそうになります。




が、しかし、


ここで、ただ落ち込むだけでは、テンションが下がるだけでなんのメリットがないと思います。


そこで私は、こういう時、以下のような事をしています。



1.まず自分が『認められたい欲求』を持っている事を認める。


人の優れた所を見て凹む時は、自分で自分の事を優れていると思えず、自己肯定感が低い状態になっています。



まずは、そんな自分の状態を自分で認めます。

そして人から認められたい
人から『すごいね』『』『よくやってるね』と言われたい。
そして、自分も自分自身の事を認めたい。
自分で自分の事を『俺ってすごい!よく頑張っている!』そう思いたい。

まず、そういう自分が『認められたいという欲求』を持っている事に気づく事から始めます。



2.自分の出来ている所を探す。


そして次にする事は、とにかく自分のいい所を自分で見つける事です。


自分の強みは何なのか?

自分のいい所はどこか?

徹底的に自分のいい所を探求して、
『自分はよくやっている』
『自分はすばらしい』としっかり自己承認してあげます。






3.素晴らしい同世代と出会えた事を感謝する。



しっかりと自分を自己承認できたら、最後に、そのすごい同世代の仲間と出会えた事を感謝していきます。



例えば、

『こんなに患者さんとの関わりの上手な同僚に出会えて良かった☆
彼の動きをよくみて学ばせてもらおう!』

『こんなに頭のいい人に出会えて良かった。いろいろと教えてもらおう☆』


とか、
こんな感じです。


始めにしっかり自分を自己承認してあげる事で、
他者の優れている所を素直に受け取り、
学ばせてもらおうという気持ちになることができます。





まずは自己承認がすごく大事だなと思う今日この頃です☆

みなさんどんどん自分を好きになって行きましょう!






写真は今日書道プログラムで書いた自分の書です☆

剣道日記84 - 2011.05.25 Wed

今日も剣道やってきました。

2週間ぶりです。

今日は、起こりがわかりやすいという指導を受けました。

今日は足が動かなくてあんまりな感じでした。

来週もがんばります!!

今日もよく頑張った! - 2011.05.24 Tue



今日は、うちの病院に取材が来て、いろんな事を話したりしました。


外部の人に自分たちの仕事を話すのは、すごくいい刺激になります。


明日からもがんばろーっていう気持ちになれました!

NLPマスタープラクティショナーコース アウトカムへの道 - 2011.05.22 Sun


今日はNLPのマスタープラクティショナーコースにて、『アウトカムへの道』というスキルをエクササイズしました。


このスキルは自分のアウトカムの達成をとめる自分のビリーフを変化させるスキルです。


すっきりして、また明日から自分の夢に向かって頑張れそうです☆

NLPマスタープラクティショナーコース ビリーフについて - 2011.05.21 Sat


今日はNLPマスタープラクティショナーコースにいってきました。

今日はビリーフについて学んきました。


ビリーフって簡単にいうと思いこみの事。


ビリーフの中には、自分のモチベーションを高めてくれるものと、自分を制限するものがあります。


去年も勉強してみて面白かったけど、今年もさらに面白かったです。


人は知らず知らずのうちにいろんな思いこみをして、自分で自分を縛ったりしているのです。


面白い話だと今回も思いました。

人はいつでもベストの選択をしている - 2011.05.20 Fri


『人はいつでもベストの選択をしている』


今日、自分が意識したいのはこの言葉です。


これはNLPの前提の一つです。



仕事終わりに、自分の言動について、『あれはまずかったかな?』『あれは良くなかったかな?』と、
くよくよしてしまう事がたまにありますが、


そんな時は、この前提を強く意識するようにしています。


自分は常に、その時その時でベストをつくしていた!

後から後悔する事はあってもその時それでベストだったんだ!


その前提を受け入れる事で、
自分自身を受け入れ、
そして人の事も受け入れられる。

そういう心持ちになります。



その後、自分がパワフルに困難を対処していくためには、
後悔する事よりも、自己承認する事の方が、
役に立つように思います。


そんな事を思う今日この頃です。

レイキで心と体を浄化する本 矢尾こと葉 - 2011.05.20 Fri


この本は、自分がレイキって面白そうだな~と思って初めて手にした本です


手から気が出て、その気の力で自分や人を癒すなんて怪しいな~って思っていたのですが、
この本を読んでレイキについての、そのようなイメージが変わりました。


この本に書いてある可愛らしいポップな感じの絵と、ポジティブな言葉に、読むだけでなんだか癒されるようで、レイキってなんか面白そうかも~と
気持ちが変わりました。

そんな本です。


レイキで心と体を浄化する本レイキで心と体を浄化する本
(2008/10/10)
矢尾 こと葉

商品詳細を見る

ゲシュタルトの祈り - 2011.05.18 Wed




私は私のために生き


あなたはあなたのために生きる


私はあなたの期待に応えるためにこの世に生まれてきているのではなく、

あなたも私の期待に応えるためにこの世に生まれてきたのではない。



あなたはあなた、私は私である。


もし、たまたま私たちが出会うことがあれば、それはすばらしい。


もし出会うことがなくても、それは仕方ない事だ。





これは「ゲシュタルトの祈り」というもので、ゲシュタルト療法のフリッツパールズの言葉です☆



この言葉を読むたびに私は、自分は自分になっていくんだという感覚を強く持ちます。



自分は誰かになるのではなく、自分になっていく。

そういう感覚です。



そして他人も自分になるのではなく、その人自身になって行くんだと思います。


誰かを自分と同じようにしようとして、どうこうするのではなく。
その人らしく、その人にしていく。

そして自分は自分でいる。


そんな風に人と関わっていたい。


そんな風に思う今日この頃です。

胸の圧痛点を揉む効果 - 2011.05.17 Tue



最近、患者さんの胸の圧痛点を擦るということをよくやっています。


圧痛点っていうのは、EFTの勉強会で知ったものです。


EFTではここをさすりながら、セットアップフレーズというものを唱えて、体内の気の流れを正常にする時に使うポイントです。

喉のくぼみから、下に7、8cmそこから右か左に7、8cmの所にあると擦ると痛気持ちいい場所です。


自分でやってても気持ちがいいので、人にも良いのではないかと思い、ベッドで寝ていて苦しそうな表情の方にするのですが、
すると、表情がほぐれて穏やかな顔になる人が多いので不思議です。

みなさんも良かったら自分で擦ってみてください。

自分らしく働きたい - 2011.05.15 Sun



先日とある起業家の方と、お話しする機会がありました。



起業家という凄い人ってイメージがあったのですが、

自分の想像以上の凄い方で、
お話を聞いていてたくさんの気づきがありました。



その方に会う前、私は起業家というと、
昔から起業を目標にしていて、
かなり色んな準備や勉強、下積みや努力をして
やっと起業できる
というイメージをもっていました。




しかし、その方の話を聞くと、
起業するまでの流れが非常にナチュラルで、
自然と起業する形なったという話だったので驚きました☆




なんというか、

自分の好きな事をして、

人から頼まれた事でできる事はできるだけして、

自分より他の人が適任だと思った時は、人に仕事を任せて、、、


そういった事を
コツコツと続けていくと、
人脈が自然と広がり、
仕事も自分の所に自然と集まってくる。


そういった感じのお話でした。




なんだか、そういう自然な感じで自分のやりたい仕事をしているというスタンスがとっても素敵だなと思ったのでした。


そして、また働き方にその人らしさがすごく出ていて、そこもすごく素敵だなと思いました。


いろんな人の働き方を知ると、自分はどんな働き方をしたいのだろうという事を考える良いヒントになります。




自分はナチュラルで自分らしい働き方がしたいなって思った良い経験でした。




自分の仕事を手放す事で手に入るもの - 2011.05.14 Sat


作業療法士をしていると、


とある仕事に関して、
『これは作業療法士の仕事だから他職種にはできない仕事だっ他職種にはさせないぞっ』

という感覚になる事があります。




でもこの感覚ってもしかしたら、
仕事をもっともっと良くするためには、
邪魔になる場合もあるなと思います。




その仕事をもし、
看護士さんも
介護士さんもしてくれるようになったとしたら・・・?



その仕事をもし、
患者さんのご家族も、
患者さん自身もしてくれるようになったとしたら・・・?




そう考えていくと、自分の持つ影響力がどんどん広がって、
もっと多く患者さんのためになる事があるなと思います。



自分の仕事を人に任せる事は、

不安になったり、

その任せる人の事が信用できなかったり、

自分の役割がなくなるような感覚になったりする事もありますが、


自分がもっともっと多くの人の役に立ちたいという意識になった時、



自分の仕事を誰かにしてもらうという事は必ず必要になってくる事だなと思います。




最近はそんな事を考えています。

発芽レイキアカデミー感じるレイキ体験会&練習会 - 2011.05.13 Fri




今日は発芽レイキアカデミーっていう所でレイキの体験会を受けてきました。



非常に不思議な体験でした。

手をかざしたり、手を触れたりする事で、暖かい波動のようなものや、電気のようなピリピリしたものを感じる事ができました。


非常にいい体験ができたなと感じます。


まったく初めてのレイキ体験だったので、ちゃんとレイキを感じられるか、心配だったのですが、初めてでもちゃんと感じれたのが嬉しかったです。



これもNLPをやってる効果なんだろうなと思いました。

NLPをやる事で、自分の感覚が磨かれていたり、広くなんでも受け入れる気持ちに自分がているからだろうなと思いました。



なんというかNLPは人間的な総合力をあげるのにすごく効果的だなと思います。

NLPを勉強する事で作業療法にも活かせているし、
EFTとかレイキとか新しい事をするときにも、非常に吸収が早い。そんな感じがします。

レイキも体験できてとりあえず今日もいい一日でした。

介護職向けのコミュニケーションセミナー講師をしました!! - 2011.05.12 Thu






今日は、介護職向けのコミュニケーションセミナーを行ってきました。




コミュニケーションスキルであるNLPをいかに介護の現場で活かしていくという観点で、
講義+実習という形で10:00~16:00
途中休憩を入れ全5時間の内容で行いました☆



まずは、コミュニケーションスキルを磨く時に、目標意識と問題意識という二つの意識があるというお話をしました。



例えば子供が野球を上手くなりたいという時、
『イチローみたいになりたい!』というような目標を意識するのか、

『いつもフライを取れなくて失敗するので、失敗しないようになりたい』というような問題を意識するのか

という二つの意識の話です。



コミュニケーションスキルを磨くという際にもこの目標意識と問題意識の二つのどちらもが大切ですよというお話をしました。




次に

人と信頼関係を作っていくためのラポールのスキルである。
バックトラッキング
ミラーリング
ペーシング
という3つのスキルについてお話しました。

バックトラッキングは、相手の話をおうむ返しに返す事

ミラーリングは相手の動作を鏡のように真似る事

ペーシングとは呼吸や声の調子、高さ、テンポを相手と合わせる事です。



これらの3つのスキルを意識して使う時と、使わない時とで、どのような違いがあるか、
違いを感じていただく事で、
これら3つのスキルの有用性についてお伝えしていきました。



私の臨床現場である認知症の方とのコミュニケーションでは、
とにかくこの3つのスキルを使う事で、
相手の話をまずは受け取り、安心感を得てもらっているという事をお伝えしました。


ラポールの有用性について、まずは体験し、それから私の個人談をする事で納得していただける方が多かったように思います。




午後は、VAKのコミュニケーションにおける代表システムについてお話しました。


これは人がコミュニケーションをとる時、
視覚を優位に使う人、
聴覚を優位に使う人
体感覚を優位に使う人と
3つのタイプがあるという話です。


人と話が合わなかったり、ミスコミュニケーションが起こるのはこの、人によって代表システムが違うというお話をしました。



まずは、自分の代表システムを知るというワークを行ないました。


自分自身のコミュニケーションの特徴について知る事ができると、
みなさん目からウロコが落ちるような体験ができるらしく、
明日からコミュニケーションのやり方を変えてみようと
モチベーションの上がっている様子の方がたくさんいらっしゃいました。





最初は、緊張している様子の方も、少しずつほぐれていき、笑い声や、質問が飛び交い、どんどんモチベーションが上がっている様子が手に取るようなセミナーができました。



今度もこのようなセミナーを随時行っていきたいなと思います。

「あれができない」から「あれをしていきたい」に口癖を変える - 2011.05.10 Tue


最近、まだまだネガティブな事を言っている自分に気づきます。


『まだあれができていない。これができていない。』
そう語っている自分がいるなと気づきます。




そこには、
もっともっと変わりたい。

もっとよくなりたいという成長したい自分がいる事を
自分はわかっているのですが、


人に与える影響を考えるともう少し、
ポジティブな言い方もできる語彙力を増やしたいと思います。



まずは、
『まだあれができていない。これができていない。』というのを

ただ『あれをしていきたい。これをしていきたい。』
と言い換えていく事から始まると思います。


私は、ポジティブな言葉には、
ポジティブな精神が宿ると思っています。


まずは口癖から変えていきたいです。






相手の世界を共有するという事 - 2011.05.09 Mon


先日の事です。


うちの病院で行っているOTプログラム音楽会にて、


いつも参加している、とある患者さんが、いなかったので、お部屋まで呼びに行きました。


すると、
その方(女性の方ですが、)はベッドにつらそうな表情で寝ていました。



(今日は調子が悪いのかな~と思いながら)
『今日は音楽会に行かないのですか?』

私が聞くと、




彼女は

『調子が悪いの。。今日のおやつは何かな~?もしヨーグルトだったらやだな~ヨーグルトだったら私の歯が溶けちゃうから嫌なの。だから音楽会も行かない。』


と話していました。



私は、(ヨーグルトで歯がとける??ちょっとおかしな事を言っているな。。。そして何故おやつと音楽会が関係あるんだろう。。。?)と思いつつも、



『ヨーグルトで歯が溶けちゃったら大変ですね。痛そうですね~』

と共感すると、



彼女は『そうなの~歯が変なのよ~』
と言った様子でした。



そこで私は、
『では、ヨーグルトが出たら食べなければいいんじゃないですか?』
と彼女の(ヨーグルトを食べると歯が溶ける)という少し変わった認識を受け入れつつも、新たな提案をすると、


彼女は『そうなの!?食べなくてもいいの !?』と
何故か、元気になり、ムクッと起き出し、そのまま歩いて音楽会に参加してくれました。




あそこで、彼女のヨーグルトで歯が溶けるっという話に、私が『そんな事はない』と否定していたら、

彼女は、自分の気持ちをわかってもらえないと思い、そのまま自分の殻にとじこもってしまっていたかもしれません。




精神科では、よく患者さんの世界観を共有してみる事の大切さが言われますが、

今回は彼女の世界観を否定せず、共有した事で、こちらからの提案にうまいことのってくれた良い経験だったなと思いました。

人を理解し、人を動かすNLP 堀井恵 堀口紫 - 2011.05.08 Sun


私の学んでいるNLP研究所のトレーナーの先生が書いた本です。


ビジネスの場面でどのようにNLPを使っていくかというアイデアがたくさんつまっています。



いろいろと具体的な事例がたくさん書いてあって、まるでNLP研究所のセミナーを受けていて、いろんな人のシェア(体験談)を聞いているような雰囲気だなと思った一冊です。



人を理解し、人を動かすNLP---成功を手に入れるためにNLP理論を使いこなす人を理解し、人を動かすNLP---成功を手に入れるためにNLP理論を使いこなす
(2011/03/16)
堀井 恵、堀口 紫 他

商品詳細を見る

GW明けは少し眠そう - 2011.05.06 Fri


今日はGW明けで3日ぶりにレクをしました。


3日レクや作業療法などなかったので、ひさしぶりだと患者さんはみなぽやっとしていて、反応がいつもより若干薄かったです。



やっぱり毎日続ける事って大切なんだなって思ったのでした。

作業療法士は専門職っぽくない仕事 - 2011.05.05 Thu



休日の今日は、作業療法士の吉川ひろみ先生の本をポーッと読んでたら、
“はっ”とする事が書いてありました。



1980年からカナダ作業療法士協会では、
作業療法の質の保証を考え始めました。

(中略)

質の保証を考えなければならない背景には、
作業療法士がセラピーとして行っていることを、
健康な第三者(患者の家族など)が客観的に見たときに、
とても専門家のしていることには見えないことが多いという事実があります。



私はこの文章を読んで
なるほど、確かにそうだと!

思いました。




作業療法士は、医療職の中でももっとも、ぱっと見が、専門職っぽくない仕事だなと思います。


特に精神科の作業療法は、患者さんと歌ったり、手工芸をやったりと、はたからみると、患者さんと遊んでいるだけのように見えます。






でも、だからこそ、自分のたちの仕事を
専門的に説明する必要がでてくるんだと思います。



私も自分の仕事を専門的にしたくって、一生懸命に勉強しているんだろうなあと思ったのでした。

剣道日記83 - 2011.05.04 Wed






地震以来、超久しぶりの剣道です。


計画停電などの影響で、2ヶ月剣道してませんでした。


久しぶりにやるとすかっとしますね。

楽しかったです。

テレビの見方 - 2011.05.04 Wed




昨日テレビを見ていたら、平井堅が笑っていいともに出ていました。


彼が、タモリさんの質問に答える時、必ず一度視線を上にあげて、上を見てから話すのが、
すごく印象に残りました。



NLPのアイアクセシングキュ-の考え方からすると、視線を上に向けている時、人は視覚情報にアクセスしているといいます。


彼もかなりビジュアルイメージを見ながら話していたんだなと思うとなんだか面白かったです。


トーク番組なんかは、司会者の質問に、ゲストがどう答えるかという、シーンがたくさんあるので、NLPのカリブレーションの練習に使えて面白いです。




質問で意識が変わる - 2011.05.03 Tue




人と話しをしていて、

どのような質問をするかで、


その人の意識が変わるなとよく思います。




質問っていうのは情報収集だけが目的ではなくて、

質問する事で、相手にどの領域に意識を向けてもらうかという事を誘導できるのだなと思います。





『あなたのいい所はどこですか?』
と聞けば、人は自分のいい所に意識を向けるし、
『あなたの困っている事は何ですか?』
と聞けば、人は自分の困っている事に意識を向ける訳です。




どんなメッセージであれ、メッセージというのは、必ずそれを聞く人を拘束するのだそうです。

昔ブリーフセラピーの勉強会に行った時、そんな話を聞きました。



なので質問して、思うような、答えが返ってこなかったり、何もこたえなかったとしても、
相手の意識を誘導するというつもりで関わったのであれば、
そんなに気落ちする事は無いのだなと、思う今日この頃です。

仕事を休んだ時の自責の気持ちを切り替えられました - 2011.05.01 Sun


一昨日、風邪を引きました。


38,5℃の熱をだしたので、昨日、今日とゆっくり休んでいました。



昨日仕事を休んだときは、
仕事を休んでしまって申し訳ないという自責の念で気持ちがいっぱいだったのですが、

その自分を責める気持ちに対して、EFTを一度おこなうと驚く程、簡単に気持ちが好転したのでビックリしました。



しっかり休んで、元気になったら、また楽しく働けばいいという気持ちに、驚く程早く気持ちを切り替える事ができました。




EFTは面白いですね☆

もっと深く学んでみたいです。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。