topimage

2010-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ人がそこで笑っているという 事 - 2010.06.29 Tue



最近、患者さんがただそこで、笑ってたり楽しそうにしてたりする、ただその事だけですごく素晴らしい事なんだと感じるようになりました。

この変化を言葉で説明するのは難しいのですが、なんとなく自分の感受性が良くなったという感じです。

ふと考えてみると、OTの養成校では、基本的に問題志向的な人の見方を教わってきたように思います。


OTの養成校で習う事。
それは解剖・生理学、運動学、病理学、精神医学、整形外科学、臨床神経学、ADL学、作業療法評価学、などなど様々な事を学びますが、その大半は「人はいかに病むのか?障害がいかに生活しづらさを生むのか?」に焦点のあたった内容だったように思います。


学校はそのように教えたつもりはなかったかもしれません。
しかしついつい人を見るとき、「この人の問題は何か?困っている事は何か?生活のしづらさは何か?」そのような事ばかり見てしまう人の見方を身につけていました。
それはやはり、OTでの学校教育や臨床実習の影響だったように思います。


その後、臨床に出てみて、いろいろと経験して思ったのは、精神科で問題とされる事は作業療法士一人でたちうちできるレベルのものではない事が多い事。という事でした。

ただそんな中、NLPを学んだ事で、すごく自分の感覚を素直に感じれるようになったという変化がおきました。
今自分の目の前にいる人がいかに大変な状況にいるのかという事を知った時、それと同時にその時その場で、一緒に活動をしてニコニコっと笑顔になってくれる。
その事の尊さ、その事の素晴らしさを感じれるようになったんだと思います。


そう考えると、人の問題ばかり見ようとしていた頃は自分の感覚というものを忘れて人と関わっていたんだなと思います。
NLPを始めてすごく自分の感覚を感じて生きていく事ができるようになったんだなと、そんな変化に気付く今日この頃です。



スポンサーサイト

コーチングの記録 - 2010.06.27 Sun


今日は朝からコーチングを受けました。

自分の仕事について、自分の目標を定めたい。目標を定めて毎日一致感を持って働きたいっていう思いで始めました。

50分のコーチングでしたが、50分が結構長く感じました。
50分も自分の事ばかり話をするという機会があまりないので、貴重な体験でした☆

いろいろと話してみて、自分は人前で何か話したい人間なんだという事。
一人一人が自分のミッションについて語り合うような場を作りたい事。

そんな事に気づきました。
これから自分がどう動いていけるか。楽しみです☆

コーチングを受けることに決めました。 - 2010.06.26 Sat

マイミクのアニキさんにコーチングを受けてみることに決めました。
1回50分で3ヶ月間で3回受けます。
これを受けることにしたのは、自分の仕事について、自分のやりたい事を見定めたいと思ったからです。
自分が仕事をする目的、仕事から何を得たいと思っているのか?
そのことについて自分を深めて、より一致感のある状態で仕事をしたいと思っています。

臨床に出て4年間、いろいろ勉強に出たり、学会でちょっと発表したり、大学院を受けてみたり、いろいろな事をしてみましたが、そういったことにお金をかけても自分自身については教えてくれないなと思っていました。

しかし、NLPを受けることで自分の事についてかなり学びが深くなってきました。

さらに、今ここでコーチングを受けることで、自分が仕事から得たいものについて、今後どんなキャリアを送りたいかについて、もっと深めて考えてみたいと思っています。

今は自分自身を深めるような学びにお金と時間を使っていきたいと考えています。

コーチングが終わる頃には、今自分が仕事において、何を欲しているのかについて知り、今後自分がどういったものが欲しいか知っている。そういう状態を作り出したいと思っています。


100624_1928~01

NLPの影響 集団レクについ て - 2010.06.23 Wed

私は認知症の方に対してレクリエーションを毎日のようにやっています。
前に立ってレクリーダーをする時に患者さん一人一人の顔を見ながら行うと反応が全然違うなと、最近感じています。


どうやら集団レクについて自分の感じ方が変わってきたんだと思います。
なんというか自分の立ち方が変わってきました。

一人一人患者さんの表情や取り組む姿勢が、観察できるようになったように思います。


だいたい40人~50人くらいの人を対象に歌や体操をしているのですが、昔は心のどこかで『40人も50人もの人を相手にするのに一人一人を大切にしてレクをするなんて絶対無理!』って思っていました。

ところが、NLPを始めてから、『人の尊厳を大切にする事』『人の能力に限界はない事』を学びました。

これは頭で、言葉として理解するというより、体感覚レベルで、スポッとそういう感覚が身体の中に入ってきたという感覚です。

この感覚が身体に入ってきたことで、『自分は一度にたくさんの人でも、一人一人を大切に出来る人間かもしれない。』と自分の能力に関する自己認識が変わってきたのだと思います。

『どんな時でどんな場合でも、人を大切に出来る人間になりたい。』とアイデンティティーレベルでも何らかの変化がおき始めているのだと思います。


ニューロロジカルレベルでいうと自己認識、信念・価値観など上位のレベルで変化が起きると必ず、下位の環境、行動レベルで変化が起きると言われています。


きっとレクの場での自分の行動の変化は、信念・価値観レベルでの変化から影響されて変わってきたのだと思います。

今後の目標はこの変化を他の場面にも適応させていく事です。

多くの人と時間と場所を共有する場面すべておいて、この自己認識を持ってその場に入ると、今までとは違った結果が作り出せるのではないかと思います。


患者さんとのレクの時間だけでなく、他のプログラムそうだしでも、職場での会議や、家族集まっての会食、友人との食事の場面などいろんな場面で、この感覚を持ってその場にいられるようにしたいなと思います。

それが新たな自分の目標です。


NLPが自分の生き方にすごく影響をあたえているなと日々感じます。
NLPは本を読むとすごく操作的でテクニック的な印象を受けましたが、自分にとってはすごくスピリチュアル的な感じです。

一個一個のスキルをどう使うかという事より、自分のコアの部分に変化が起きて、それから自分の行動そのものが変わっていくような感じがあります。

NLPをスキルとして身につけて、人に説明できるようになるのはもう少し時間がかかりそうな気がします。

NLPの勉強 棚田克彦先生の オープンカウンセリング - 2010.06.23 Wed

NLPの勉強会に行ってきました。
棚田克彦先生のオープンカウンセリングを見てきました。

人前でカウンセリングできるなんて凄いなっていうのと、NLPを使って色んな事している人がいるんだなと勉強になりました。

エコポイント - 2010.06.22 Tue


冷蔵庫買ってエコポイントを手に入れて、ステーキをもらいました。
美味しかったです。良い制度ですね。

心療回想法の通信教育やってます - 2010.06.21 Mon


2月に前半を取った祖母の回想録を後半部分を取ってきました。

今回は結婚や仕事についての話題が多く、祖母の結婚観を改めて聞けて、面白かったです。
昔は、戦争だったり、貧乏だったりいろんな事があって結婚相手を選ぶのも、自分の意思が反映されないという事を聞きました。

たった3世代離れているだけでも結婚に関する状況は今とは違うんだな~と感じたのでした。

トマトとオクラの成長について - 2010.06.19 Sat




庭に植えたトマトとオクラの成長の様子です。
トマトの成長が目覚ましくそろそろ食べられると思います。
オクラののんびり成長してます。

OT学会に行って一番思ったこと。 - 2010.06.17 Thu

先日OT学会に参加してきました。

自分の発表も出来て、有意義な時間を過ごせたなと思います。

学会に行くと、発表者やシンポジスト、講師などいろいろな人の話しを聞く機会があります。


そんなとき、人が発表をしている内容と同じくらい、発表している人のキャリアに関心を持って聞いているなということに気づきました。


「臨床を何年くらいやっている人なのか?」「大学院には行っているのか?」「教員は何年目くらいではじめたのか?」などです。

そういったことに関心が強くあるのだなと気づきました。

それは、その人が何を話しているのか?と同じくらいに、その人がセラピストとしてどのような道を歩んできた人なのかということに関心を持っているということだと思います。

そして、その人は何を大切にして、仕事から何を得たいと思って働いてきた人なのか?ということです。


そういうことを知りたくて学会で人の話を聞いているのだなと思います。

NLPを学び始めて分かったことですが、これは、人の話をニューロロジカルレベルで言うと、「自己認識・信念・価値観レベル」で聞きたいと思っているのだなと思いました。




誰かのセラピストとしての生き方を見て、自分はどう生きたいのか模索しているのだろうと思います。

しかし、どんなOTを見ても、自分が欲しいと思っているものを、持っている人はいないように思います。


自分が本当に欲しいもの。。。。

それは、自信と、個性を発揮すること。

仕事をすることで、自分自身を承認し自信を得ること、それから仕事において自分の個性を発揮していくこと。
自分にしか出来ない仕事をすること。

それが自分が仕事から欲しいものです。

しかし、その目標をもっと明確にしていきたいと思っています。

それを明確にするためには、学会で自分の先輩にあたる人の話を聞いているだけでは、不十分なように思います。



自分が本当に欲しいものを見つけて、手に入れるためには。。。

もっと自分の感覚に素直になって、一日一日、楽しいと感じるものを見つけ出すことから、始めてみようと思います。


自分の人生の目標が分かっているほうが、人生たのしいはずですからね。

剣道日記57 - 2010.06.16 Wed

1週間と3日ぶりの剣道です。
今年中に剣道日記100まで行きたいのですが、今のペースでは厳しそうです。
週2ペースで2~3ヶ月やらなければ…

第44回日本作業療法学会③ - 2010.06.14 Mon



第44回日本作業療法学会の3日目に行きました。

今日は「精神病早期介入の現状と作業療法の可能性」と閉会式に参加しました。


そして
三日間の振り返りを軽くします。

初日は、初めに「障害者自立支援のこれまで、そしてこれから」というシンポジウム4を見ました。
精神障害者が地域で、暮らしていくためにどのような支援をしているかという話を、3人のシンポジストから聞きました。
3人のお話から、自分がメッセージとして受け取った事は、「地域支援とはそんなにたいそれた事ではない。今日から明日からでもできる事がある。」「地域に出る時には、自分の専門家としての立場を忘れて、自分もその地域に住む一人の人としてのふるまうことが必要になる。」
などの話を聞きました。

地域に出れば出るほど、対象者のパワーをいかに引き出せるかという事が大切になるので、専門家はどんどんやる事がなくなってくる。という話がすごく自分にとっては印象に残りました。

OTとして専門性がもっと欲しいと思うときもありますし、普通に人としてどう関われるかが重要だなと思うときもあります。
自分はどんなOTになりたいのだろう・・・とそう思うのでした。

その後、自分は、「当院における服薬教室と退院パスポートの試み」という演題を発表しました。
質問はいろいろあったのですが、一人の質問者から「服薬教室を行っていくうえで、作業療法士としての役割はどこにあるのか?」という質問がありました。
診療報酬上のことや、生活リズムを整えることの必要性を話したり、などの話をしたのですが、

あまりうまく答える事ができず、「自分は”作業療法士として”の役割」をどう考えていくのか、今後の課題だと思いました。


そして初日最後は、山田孝先生の「65歳大学」を見ました。
手工芸なら手工芸の先生が教えればいいが、人間作業モデルを教えられるのは作業療法士しかいないという話が印象に残りました。

2日目は、宮前珠子先生らの作業の魅力とパワーを聴きました。
作業を用いる事で、人がいかに健康になるのか、事例を用いた説明でした。
作業療法を説明するのに、事例発表が一番わかりやすいなと思い聞いていました。
まさに、”作業”っていいなって思うお話でした。

その他2日目は嚥下摂食障害の作業療法を聞きました。


最終日の「精神病早期介入の現状と作業療法の可能性」は、まあこんなもんか。。ていう感じでした。

3日間通して思ったことは、みな作業療法士にしかできない独自性を求めて、いろんな所でがんばっているんだなと思いました。
作業療法士にしかできない事、作業療法士だからこそできる事。そういった事を、いろんな人がいろんな分野で模索しているんだなと、そんなことをすごく感じた3日間でした。

第44回日本作業療法学会② - 2010.06.12 Sat


日本作業療法学会の2日目です。
今日は午前中、ポスターをちょっと見て、その後、宮前珠子先生の「作業の魅力とパワー」を聞きました。

昼ごはんに牛タンを食べ、「摂食・嚥下障害に対する作業療法」を聞きました。






今日は宮前先生の作業の魅力とパワーが面白かったです☆


いろいろと語りたいですが、疲れたので今日の報告はこれだけです。

第44回日本作業療法学会① - 2010.06.11 Fri


第44回日本作業療法学会に行ってきました。
今日はパワーポイントでの発表をしてきました。

初めてのパワーポイントでの発表で緊張しましたが、楽しかったですが、楽しかったです。

その他は山田先生の65歳大学のワークショップを見ました。
OT学会のはワークショップって感じではないなと思いました。もっと実践重視のものがあると楽しいのになっと思いました。

平成22年6月9日 - 2010.06.10 Thu


ペペロンチーノです。
火曜日ウォーキングしたら、右足が筋肉痛で痛いので、今日の剣道はやめました。
ウォーキングは地味ですが、結構身体にきます。
やはり1時間という歩行時間が結構長いのだと思います。

ウォーキング日記10 - 2010.06.08 Tue


今日は雨が降るっていう予報だったので自転車ではなく歩きました。
行きは26分帰りは30分くらいかけて歩きました。

歩くのは気持ちがいいです。

平成22年6月7日 - 2010.06.07 Mon


今日はお好み焼きです☆
20分かけて食べました。いつも食べるのが早いのでゆっくり食べるのを目標にして行きます。

剣道日記56 - 2010.06.06 Sun


腰を痛めてしばらく休んでたので久しぶりの剣道です。
今日はかなり学びが多かったです。

まず構えで右手が突っ張りすぎているという事。
それから面をつける際に面がねの位置が下すぎるという事。

そういう事を学びました。

気候が良くて気持ちよく剣道出来ました。

平成22年6月5日 - 2010.06.05 Sat


今日は職場で結婚の報告をした。
職場の上司や仲間に祝福してもらえて本当に嬉しかった。
自分はいい職場環境に恵まれているなと思った。

いい仲間と仕事をしていると思えると、仕事に対してもモチベーションが上がります。

ウォーキング日記9 - 2010.06.05 Sat


ウォーキングまた始めました。
今日は仕事の行き帰りでトータル1時間弱です☆

腰が痛くなったのでやめて、2週間やすんでましたが、再開します☆

ブログに書いておくと、しばらく休んだ後でも、再開するモチベーションが上がります。
日々の何気無いことでも日記とかブログに残しておくのって、後から思わぬ効果を感じる事があるもんだなと思いました。


でも身体を壊さないように運動はあまりやりすぎないように気をつけます。



結婚しました。 - 2010.06.04 Fri

今日は市役所に婚姻届を出してきました。

自分の家族ができるというのが不思議な感じです。

今まで自分の事ばかり考えて生きてきたような人生でしたが、これからは妻の事も考えて生きていきます。

平成22年6月3日 - 2010.06.03 Thu



今日は餃子です。

明日は入籍です☆

平成22年6月2日 - 2010.06.02 Wed


ピザ作りました。
ミックスベジタブルピザです。
だんだん生地作り慣れてきました。

トマトが結構大きくなりました。 - 2010.06.02 Wed


トマトが1ヶ月で結構大きくなりました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。