topimage

2008-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年10月30日 - 2008.10.30 Thu

20081030080647
魚焼きました
スポンサーサイト

平成20年10月29日 - 2008.10.29 Wed

20081029082440
チンゲン菜炒めました。

平成20年10月28日 - 2008.10.28 Tue

20081028081137
冷凍ハンバーグにかなり助けられてます。

平成20年10月27日 - 2008.10.27 Mon

20081027081124
今日はエビフライです。危険な冷凍食品ばかり食べています。

ENDZWECK@新宿9 spices - 2008.10.26 Sun

20081026234156
今日は新宿までendzweck目あてでライブに行ってきました。

最近ハマってます。かっこよかったです。

平成20年10月25日 - 2008.10.25 Sat

20081025081105
ハンバーグです。

平成20年10月23日 - 2008.10.23 Thu

20081023075922
昨日作った天ぷらを持っていこうと思います。
今日は夜焼肉を食べる予定なので弁当の中に肉が入ってません。

平成20年10月22日 - 2008.10.22 Wed

20081022081217
ネギのお好み焼きです

平成20年10月21日 - 2008.10.21 Tue

20081021084907
チンゲンサイ炒めました

草津温泉 - 2008.10.20 Mon

草津温泉に行ってきました。


ここは湯釜といって温泉がふつふつと湧き出ている所のようです。

SN330095_convert_20081020224626.jpg
これは湯畑といってそのお湯を外気にさらして、冷ます装置のようです。
SN330100_convert_20081020224808.jpg

これはヌードシアターのようです。温泉街にはこういのがあるのですね。
となりが床屋なのがいい感じだと思いました。
SN330110_convert_20081020224345.jpg


これは帰りに嵐山のパーキングエリアで食べたブラックソフトクリームです。
コーヒーの味がして苦かったです。
081020_1430~01
081020_1432~01

平成20年10月18日 - 2008.10.18 Sat

20081018191847
エビフライです

平成20年10月17日 - 2008.10.17 Fri

20081017080441
今日はさんま食べます

平成20年10月16日 - 2008.10.16 Thu

20081016081838
サバ食べます

平成20年10月15日 - 2008.10.15 Wed

20081015081140
色あいがかなり良くないです

平成20年10月14日 - 2008.10.14 Tue

20081014081700
何気に三連休でした。今日から頑張ります。

やさしいベイトソン 野村直樹‏ - 2008.10.13 Mon

081013_1725~01


この本はしばらく前に読み終えていたのですが、なかなか紹介できずにいました。
野村先生の書いたベイトソンの解説書です。

ベイトソンは読んでいて面白いのですが、人に紹介する時、どんなことを書いているのかうまく説明できなくて、いつも困ってしまいます。
この本も、読んでしばらくたつのですが、どう紹介していいかわからずしばらく紹介せずにいました。

帯には『人類学者にして、生態学者、コミュニケーションを探求し精神医学・心理学にも大きな影響を与え、パプワニューギニアの部族や統合失調症やイルカの対話を研究し、かの文化人類学者マーガレットミードの元夫でもあり、ニューエイジ思想のカリスマにして、禅センターで死んだ―――グレゴリー・ベイトソンって何者?…という疑問をベイトソン本人から学んだ人類学者野村直樹がわかりやすく解説。』とあります。

ベイトソンの有名な理論である『ダブルバインド』についてや『コミュニケーションのメタ性・階層性(でいいのかな?)』について、この本でかなり理解が深まりました。

帯に書いてある通りわかりやすく書いてありました。読みやいんじゃないかなーと思います。
だけどここではどんな感じかやっぱりうまく説明できません。

ベイトソンの考え方で面白いな~って思うところは、物事をいくつもの抽象のレベルで物を見るところです。
コミュニケーションだったり学習だったり、いろいろな抽象度で物事を見ると、物の見え方や捉え方が変わってくるなあと、おもしろく思います。
そういった観点で、統合失調症を論じているところがおもしろいです。
医学の言葉ではなく、コミュニケーションの言葉で統合失調症を語る可能性を示唆した所がベイトソンの功績の1つなんだそうです。
うまく説明できませんが、面白いなーと思います。



そんな感じの本です。またベイトソンに触れて読み返してみたいな~とまた思いました。

もう少し勉強して、うまく語れるが日がくればいいなと思います。

やさしいベイトソン―コミュニケーション理論を学ぼう!やさしいベイトソン―コミュニケーション理論を学ぼう!
(2008/06)
野村 直樹

商品詳細を見る



誰にでもできる精神科リハビリテーション 野田文隆 蜂矢英彦 編集 - 2008.10.12 Sun

081012_0921~01


この本はちょっとおもしろいです!

精神科リハビリテーションに関する本は世の中たくさんあるけど、理論がづらづらとあるだけで、実際にどのように行うかに関する本は少ないのではないかという問題意識のもとに書かれているようです。

すっごいセラピストじゃなくてもできるような、普通の精神科スタッフでもできるようなっていう事で『誰にでもできる』と題をつけてるようです。

こういう感覚は好きです。

特別すごく腕のいいセラピストじゃないと治せないような治療理論とか技法では、一人の人は救えても多くの人は救えないと思いますので、こういう感覚の本がたくさんでればいいのになと思います。


中味の方は『服薬講義マニュアル』、『料理教室マニュアル』、『SSTマニュアル』、『家族教育マニュアル』、『HOW TOアパート探し』、『訪問看護マニュアル』、『HOW TO 職探し』などとなっています。
ちょっとうまいこと進みすぎな感じはいなめませんが、とりあえず読んでみるとなんとか自分でも出来そうな感じになるのがいいところだと思います。

個人的には『HOW TOアパート探し』が面白かったです。一般的に交渉が苦手な精神障害者の方に連れ添って、どのように一人で住むところを探して、不動産屋と契約するかって所のコツが書いてあります。
実際的で本当に面白いなと思いました。

こういった本を読むと、精神科リハビリテーションで必要とされている事っていうは、医療の枠を越えている部分がたくさんあるのだなと思います。

作業療法士は診療報酬上保障されているところがあるので、診療報酬で保障されたような仕事しかしないような所もありますが、
そういうことを気にせず、本当に患者さんにとって必要なことってなんなのだろうかって考えて、仕事を見つけていく必要があるな~と考えさせられた1冊でした。


誰にでもできる精神科リハビリテーション誰にでもできる精神科リハビリテーション
(1995/10)
不明

商品詳細を見る


S×O×B@新宿アンチノック - 2008.10.11 Sat

20081011225050
20081011225045
今日は新宿アンチノックでS×O×Bのライブを見てきました。
写真暗くてサッパリわからないかもしれませんが、対バンはROSE ROSE マシリト imamon DIE YOU BASTARD! となっております。

いつ見てもS×O×Bのライブは満足できます。今日も熱かった。
今年はこれで最後なんかなあ~

あと初めてみたけどROSE ROSEが良かったです。重音楽祭行こうかな~と思いました。

平成20年10月10日 - 2008.10.10 Fri

20081010075344
焼きそばです

平成20年10月9日 - 2008.10.09 Thu

20081009081311
昨日お酒をちょっと飲んで朝つらかったので弁当作れませんでした。今日はみかん一個です。

平成20年10月8日 - 2008.10.08 Wed

20081008081500
今朝、テレビでノーベル賞をとった益川先生が「高眼手低」という言葉を言っていました。
目標は高く、手をつける所は低い所からつけていけっという教訓だそうです。凄くいい事をいうなと思いました。
理想的な事ばかり言っても現実に手をつけていけなければもの事は変わらないですものね。研究も同じで理想を見つめるのは大切でも、研究自体はあまり大風呂敷広げてしまうと結果が出ないっていう事なんだろうな~と思いました。

どんな世界も『小さな事からコツコツと』なんですね。

平成20年10月7日 - 2008.10.07 Tue

20081007080100
コロッケです

セラピスト入門 システムズアプローチの招待 東豊 - 2008.10.06 Mon

081005_1057~01


システムズアプローチによる家族療法の本です。

システムズアプローチっていうとなんだか難しそうですが、実に読みやすい本でした。

システムズアプローチって言うのは、症状の原因を取り除くっていうのではなく、症状が継続しているシステムを読み解き、症状の連続性を断つ、そんな感じでしょうか・・・?


家族って面白いな~とつくづく思わされる1冊でした。

こういうシステム的な見方を病院のチーム医療とかにも適応できたらおもしろそうだな~と思います。
だけど、うまくいっても事例として出すのが、気まずくてなかなかやる人がいないかもしれないけど。。。


セラピスト入門―システムズアプローチへの招待セラピスト入門―システムズアプローチへの招待
(1993/03)
東 豊

商品詳細を見る

平成20年10月6日 - 2008.10.06 Mon

20081006080710
昨日のカレー持ってきます

SSTはじめて読本 舳松克代 - 2008.10.05 Sun

081005_1022~01

前任者からSSTを引き継いで、はや半年。
私、最初はかなりSSTをなめており、まあ簡単にできるだろう~と思ってやっていたが、ぜんぜんうまくいきません。ロールプレイにもつながらないし、ぜんぜん楽しそうな雰囲気にもなりません。
困った。。。。

そんな時、本屋さんで出会ったのがこの本でした。

SSTをやっているスタッフの困りごとに対するQ&Aの形となっており、現場で困った事に丁寧に答えてくれる形となっています。
ためになりました。
少しめげかけていましたが、来週もSSTがんばろうという気持ちなれる1冊でした。

SSTはじめて読本-スタッフの悩みを完全フォローアップSSTはじめて読本-スタッフの悩みを完全フォローアップ
(2008/01)
不明

商品詳細を見る

社会人から大学教授になる方法  鷲田 小彌太 - 2008.10.05 Sun

081003_0723~02


なんとなくタイトルが面白そうだから買ってみました。
かなり野心的なタイトルで興味をひかれました。

内容は大学教授になるにはどうしたらよいか、また大学教授はいかにいい職業であるかって事について書いてあります。
あとは大学とは大学院とはどうあるべきかみたいな事が書いてありました。

大学教授に興味はありませんが自己啓発的な本の1種として読ませていただきました。
読んでて面白かったのは、完成度にこだわってなかなか論文を書かないくらいなら、若くても少し稚拙でも論文をチョコチョコ書いて成果を挙げるべきだ見たいな事が書いてあって、そこは面白いな~と思いました。

知的好奇心は大切にしたいな~と思った1冊でした。


社会人から大学教授になる方法 (PHP新書)社会人から大学教授になる方法 (PHP新書)
(2006/02)
鷲田 小彌太

商品詳細を見る

SST中級研修@北里大学東病院 - 2008.10.04 Sat

20081004180655
今日はSST中級研修に行ってきました。
いや~勉強になりました。やっぱりSST普及講師の先生は凄いな~と感心しました。
今日は患者さん役をたくさんやらせてもらいましたが、患者さんの立場になって先生のSSTを受けてみると違うな~と思いました。
次回のSSTで行うのにいっぱいヒントがありました。

勉強になった点が何点か、、、

①SSTは以前は「生活技能訓練」と訳す事が多かったが、今は「社会生活技能訓練」と訳す事が多い。
社会生活という事を少し意識して「生活の中で困った事ってありますか?」とメンバーに問いかけるより「人と人のコミュニケーションややり取りの中で困った事ってありますか?」と聞いて課題を出した方が、グループの目的ややりたい事が明確になりそうだと思いました。

②体を使う事は重要。リーダーはグループ中、必要に応じて、メンバーの近くの寄り添ったり、メンバーを誘導したり、板書をしたり、よく動く事も大切だなっと思いました。あとウオーミングアップも大切そうです。ウォーミングアップも行う際もただおこなうのではなくて、何のために行うのかっていう動機付けをきちんと行ってから実行した方が、メンバーのノリが違うという事がよくわかり間s地唖。

③事前面接や事前アセスメントはやはり重要。SSTの場面以外でのメンバーさんの様子や、入院してきた経緯などはやはり知っておくに越した事はないですね。よく知っておいた方が、そのメンバーにとって役にたつ課題が出せそうです。

かなりいろいろ勉強なる事が多かったです。
やはり我流で行っていては駄目ですね。ちょこちょこ研修会にいって見識を深めないといけないな~とつくづく思いました。

写真は家の近くで食べたデラックスラーメンです。
デラックス過ぎてびっくりしたので写真載せてみました。

平成20年10月3日 - 2008.10.03 Fri

20081003082135
ハンバーグです

平成20年10月2日 - 2008.10.02 Thu

20081002080210
コロッケです

平成20年10月1日 - 2008.10.01 Wed

20081001082438
今日10月ですね。
寒いですが頑張りましょう。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

プロフィール

ぱきら (杉長彬)

Author:ぱきら (杉長彬)
作業療法士
NLPマスタープラクティショナー
心療回想士
学習療法士
EFTレベルⅡ


作業療法とNLPという二つのツールを使って、人が自分の事をもっともっと好きになれるようなアイディアをシェアして行きたいと思います。




mixiやっています

twitterもやっています

メールはこちらから

お問い合わせ、感想、相互リンク希望、セミナー講師、講演依頼などはこちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

リハビリコミュニケーション研究所

リハビリコミュニケーション研究所

月別アーカイブ

療法士.com

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

にほんブログ村

ブログランキング

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」.JPG

気になる条件で本を検索

作業療法 認知行動療法 SST 心理教育 ブリーフセラピー ソリューションフォーカス 精神障害リハビリテーション 家族療法 ナラティブ NLP 統合失調症 うつ病 アルコール依存症 など気になる条件で本を検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。